SpringStar★

ドラマ感想日記~拘りを持たず頑張りすぎず自分らしく生きてるだけで丸儲け~

<悲報~秋ドラマ10月第二週はてんてこ舞いです♪>

この恋あたためますか 第10話 最終回(感想)あっちもこっちも熱いね~。

f:id:vividlemon:20201022013134j:plain

あっちもこっちもチュ~チュ~していて、
羨ましい限りの火曜日。(笑)

しかし、こちらのチュ~はほんと素敵なチュ~~であったなぁ。
樹木(森七菜)と浅羽(中村倫也)のチュ~チュ~が熱かった~。

それにしても・・・
25日がクリスマスってカレンダーに書いてあるけど、
本来どっちなのかね?な疑問点を放り込んできたことでも、樹木ちゃんに賛同しっぱなしでもあったなぁ。
クリスマスは24日というのは普通のように思うけど、
行事って何日にやるものと決めてることによって、達成感があることでも、やはりその日にやらないとしっくりしないね。

そしてさらに、奇麗な・・石原ゆり子(佐野ひなこ)さんががっつりと絡まない方がいいという結論に達したけれど、
新しい試みというか正しい使われ方をしていたあの奇麗なお姉さんもよかったなぁ。
気になる人に声をかけようとした店長よ・・。
同居人・・李 思涵(古川琴音)ちゃんが止めてくれてよかったよかった。(笑)

もうちょっと物語に絡んできてもとは思ったりもしたが、
やはり、絡まないで通りすがりさんのままの方がリアル感があっていいね。

そういう意味でも最近出てきている女優さんの・・
あっちにもこっちにも出没しちゃうというのは、
なんか同じ演技に見えてしまってリアル感がなくってツマラナイなぁ。
(私の意見なので賛同しなくていいんですけど、感化されちゃうからね。w)
誰がとは言わないけど、和菓子なんぞ作ってたりする人は苦手どすえ~。(笑)

まぁ、気を取り戻してっと・・・
そんなわけでクリスマスか~
この時期にはぴったりな内容であったことでもよかったよかったです。

きっぱりさっぱりしたような・・・
新谷(仲野太賀)と里保(石橋静河)もよかったよかった。
回り道をしたような浅羽がいけなかったとしても・・・
あれが浅羽の生き様・・ということだもんね。
人には人なりの恋の時間の進め方があるということだもんね。
七菜さんも惚れ惚れしたが、中村倫也さんにも嵌ってしまった今作。w
また次回作があったらほっこり出来そうな気がしてきた最終回でした。

樹木役の方が・・まさか「少年寅次郎」のマドンナさん、さとこちゃんだったとはわからなかったのだが、服装によって雰囲気ががらっと変わっていたのもはっとさせられましたね。
表情がとても素なかんじで豊かだったのもよかったなぁ。
主に演じていた四人の方がとにかく好印象のドラマでした。

TOP