SpringStar★

ドラマ感想日記~拘りを持たず頑張りすぎず自分らしく生きてるだけで丸儲け~

<悲報~秋ドラマ10月第二週はてんてこ舞いです♪>

この恋あたためますか 第6話(感想)気持ちはね~動かないと腐るよ♪

f:id:vividlemon:20201022013134j:plain

社長の座を追われたことでもどうなるかと思われたけど、
まさかの展開だったなぁ。(笑)

あれはいいね。
一泊温泉旅行ってことでもちょうどいい癒しとなったかなぁ。

圧巻だったのはやはりコンビニに新人として起用されることになった浅羽(中村倫也)であったが、
樹木(森七菜)の中の人が声優もやってるだけあって、
「頑張りたまえ」も堂に入っていることでもお♪っと、やっぱしなる。
たまに見せる表情の豊かさもそこらへんから来てるものと推察しきりでもあった。(笑)

今までちょっと馴染みにくかったかんじがしていた・・
里保(石橋静河)だったのだけど、
今回はちょっとしっくりといいかんじに見えてきたのもよかったかなぁ。

落ち着い場面が多かったせいかもしれないとしても、
今までより受け入れることが出来たようだった。w

好きだと告ったことを後悔していた樹木ちゃん・・・
浅羽はそれを聞き逃さなかった場面で終わっちゃうとは・・・
脚本家冥利に尽きる展開を見せてきたことでも、
くそ~~~雪もちらほら・・
なんだかやけに洒落た温泉宿といういい場面に、この台詞とは参ってしまったなぁ。(笑)

それにしても、、樹木に反対に拾われてしまったとしても、
場違いでもなかった浅羽君。w


店の常連客さんの場面も高まるばかりでもある。
(とても正しい使い方ですね。)
(もっと話してくれたらなお良し。)

あ~そんなわけで珍道中ぶりを発揮したことでも神回かもと思うほどだが、
動くコンビニ・・・思い付きもなぜか軽いようでちょっと引っかかりましたね。
あ、早くも姉さん女房ブリを発揮してもおったかも。
樹木ちゃんが浅羽を仕切っりまくる、それもっと欲しいね~。

 

そういうわけで・・・

気持ちは動かないと腐るという言葉がぐっぐっと来ましたが、
そう!このブログというのも、、書くことによって気持ちが少しづつでも動いているんですよね。そしてなくてはならない日常となって行く・・・。あ~~。w

ブログがあったらもっと歴史が変わっていたかもしれない。
なんだろうか、、ストレンジャー芥川龍之介の上海観光日記?

文化庁参加作品?豪華なセットぶりだが、、目を覆いたくなる場面も多かったことでも、、感想は今回は大きくパスでした。蝶々さんとか北斎とかはよかったのに・・。

 

ちなみに「ちかえもん」は一番面白かったと言い切れるほどのドラマであったけど、
またこんな骨太のドラマが観たいですね~。
NHKではいいドラマが多いね。
それに比べたらしょうもないドラマが多すぎます。

なぜかやけにあの方が色っぽかったことでもお二人がゴールインするのも頷けるというもの。
役者を択ばないというか、選ぶというかんじでもあるけど傑作ドラマはぴったり嵌ってくるかんじがある。
味気ないエピソードで時間を埋めるだけで、ドラマチックなものが少ないかなぁ。

TOP