SpringStar★

ドラマ感想日記~拘りを持たず頑張りすぎず自分らしく~

(2021冬ドラマ表とその不安度を記事ページの下に作りました。w)

BG~身辺警護人~(2)第3話(感想)そもそも私って豊原ファンじゃん♪

f:id:vividlemon:20200622093144j:plain

IT系総合企業「KICKS CORP.」の社長・・
劉光明(仲村トオル)が画策というより、
同じ要件(ラスボスな背景)でチョコチョコ出てくるけど、いらないかなぁ~感がやはりあるかなぁ。
さらにそれに付随して菅沼(菜々緒)らまで、、ちょこちょこ動いているかんじが・・。
見え見えでスカスカってかんじがしてることでも、、少々困った。

まぁ、本編の島崎(木村拓哉)と高梨(斎藤工)のエピソードが充実していることでも、
それほど気ならないのだけどね。(笑)

 

そんなことはどうでもいいのだけど、、とにかく私ってそもそも豊原ファンでもあるから・・・
道岡(豊原功補)がとてもよかったなぁ~。
惚れ惚れしてしまったけど、人道的に悪としても、、一本芯が通ってるところがいいね。

おバカキャラもこなせば、、こんなシリアスな役柄もこなしちゃう豊原さん。

ちょぼ髭が渋い。
髭あったか未確認だが、観えた気がした。(笑)

コートもよく似合う。

(コートを着ていたかも定かでないが・・。w)

肝心の島崎と高梨のコンビもいいかんじだったけど、
先輩の恋のアドバイスを素直に受け入れるのはホッとしたかなぁ。
ちょっと高梨は堅物なかんじだからね~。
そして、、菅沼も直でないからね~。

 

そんなわで菅沼がKICKSの懐深く潜り込み作戦に出たようだけど、
島崎らが退社した原因に何かあるとふんで、、ラスボス退治に出発した今回でもあったか。(笑)

そんな単調な話があるわけないと思うけど・・・。(笑)

TOP