Spring Star★

ネットの巷でドラマの感想を書いてます。

忘却のサチコ 第12話(最終回)感想 また逃げた俊吾さん(汗)

f:id:vividlemon:20181021112807j:plain

ともあれ俊吾(早乙女太一)さんが帰ってきたけど、
どういうことなんだろうか?
結果的にまだ何も変わりがなかったね。
まぁ、幸子(高畑充希)が別れを決意したことは、ようやく前に進めたと思ったわけだけど・・。
まぁ、彼の台詞が少ないことでも何を思っているのかよ~わからんわけでもあるけど・・。
ともあれ次回作の余地を残して終わるとは・・。(笑)

まぁ、可愛らしい幸子さんなことでもいいんだけどね。

結果的に小林(葉山奨之)も対抗馬ならば、ぎゃふんともっと言ってやるべきだったかなぁ。

そんなわけで俊吾さんの話は石狩鍋を作る男前さがよかっただけで、はぐらかされてしまったね。

食べることで彼を忘れることが出来る「忘却のサチコ」ってなわけだけど、
まだまだ食べることを続けなければならなくなってしまいそうで、しっくりこない終わり方でもあったなぁ。

それにしても白井(吹越満)編集長がいい。
幸子が固まってしまって機能してない様子に驚く演技がこれまた絶品。
ほんと幸子に突っ込みを入れる白井編集長はniceコンビだね。
さすがに吹越さんなだけはあるなぁ。
彼の出番をもっともっと増やしてもらいたいとも思っていたことでも、次回作があったら応援したいものでもある。(笑)

また、彼は逃げたんだよね。
答えを先延ばしにして・・。
この不埒ものめ。w

まぁ、別れを告げられ消えちゃたら、ドラマ的には可哀そうでもあったってことでの悪あがきなのだろうけどね。

次回作ありきを匂わせたりもして、終わり方としては正解か。

TOP