Spring Star★

ネットの巷でドラマの感想を書いてます。

獣になれない私たち 第6話(感想)

f:id:vividlemon:20181012074629j:plain

一度リタイアして戻り視聴なことでも、あまり込み入った事情は分からないのだけど、
以前より動きが出てきたことでも、楽しめる物になっていたのがよかった。
まぁ、ちょっとは苦手なキャラに慣れてきたこともあるが、
いや、慣れたというよりキャラが変わったと思うことでも寄り添いやすくなってきたかなぁ。

内容はちょっと馴染めない設定なので、どうしてもやはりキャラクターで観ているわけだけど、
ニアミスの朱里(黒木華 )もなんだか気になる存在となってきたし、
晶(新垣結衣)のことをけちょんけちょんにいい倒す九十九(山内圭哉)なことでも、
誉めまくるあちらの・・そう、お気に入りなキャストの山口馬木也さんってことでも、
会社パートはちょっとは盛り上がってきたなぁ。

存在感が半端ない人が晶の味方となってくれたことは、大きいぞ。
あれぐらいの待遇というか・・人が晶の周りにいてくれるのが普通だと思うので、やっと観れる内容になってもきたなぁ。
九十九を制圧する橋爪(山口馬木也)部長が頼もしい。

お寒いお荷物君2人のパートもなくなってきたし、
やっと会社エピソードも楽しめる内容になってきてよかった。

それにしても・・・あの二人は獣道を走り回ってるようで、どうもちょっと馴染めないのだが、次第に少しは、、慣れたみたい。
狼たちに囲まれているような赤ずきんちゃんは、どっちなのかというと、
朱里の方が似合っていて肩入れしたくなってしまったわけだけど、こうなったらキャストよりもキャラの好みの方に肩入れしちゃって観ていくっていう・・そんなところだね。(笑)
あ、あのラーメン屋の体格のいい彼も、次第に馴染んできて味のあるキャラになってるのが微笑ましかったなぁ。
初めは煩いだけでウザキャラだったんだけど、ほんと不思議。(笑)

とにかく応援したくなるとは思わなかった朱里ちゃんなこともあるけど、
それぞれキャラの人となりがわかってきたことでも、なんとなく視聴していけそうでもあった。(笑)

TOP