Spring Star★

ネットの巷でドラマの感想を書いてます。

昭和元禄落語心中 第5話(感想)

f:id:vividlemon:20181014093818j:plain

いよいよドラマも核心部分に突入してきたけど、
やはり人間ドラマということでも魅了されっぱなしで、見応えも十分あることでも今期ナンバーワン!かなぁ。
大河ドラマのような四角四面なこってり感もないし、民放ドラマの安っぽさもないことでも、よい塩梅となってるけど、とにかくしっかり出来ていることでもほんと素晴らしいなぁ。


八雲(平田満)と助六(山崎育三郎)の間には間接的な因縁があったということだけど、なんでそもそも助六は八雲のところに弟子入りしたのか・・よーく見ていないとわかり辛さもちらほら・・。
ともあれ助六の訳あり事情によって師匠との間に溝ができてしまったことは、ほんと悲しい経緯でもあった。
助六の破天荒な性分も少しは要因となったのだろうから、責められたものでもないと思うのだが、一方的な八雲師匠の嫉妬、欲深さということでも、もう少しなんとかならなかったのだろうかね。
助六も気性がハッキリしていることでも、風の赴くまま靡いていってしまったのだろうけど、結果的に過去の因縁が助六を苦しめることにもなってしまったとは、ほんと運命の皮肉さというものかなぁ。
そんな事情もあって、さらに助六を八代目八雲へ押したい菊比古(岡田将生)なのかもしれないけど、四国にいる助六を訪ねて行くのも篤い菊比古でもあったなぁ。


二人の間に生まれた小夏の健気さとか、生意気な様子はほんと助六譲りってかんじで、なんだか可笑しくもあったけど、ともあれ元気な助六が飛び出てきたのはホッとするばかりでもあった。

やはり、七代目の最後に助六がいてくれたらと思わざるおえないけれど、もし居てくれたらっと、思うばかりでもあったなぁ。

TOP