Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。


★10/19(金)夜7時~(TBS)世界バレー女子、アメリカと5位決定戦♪
けっこう実力がついてきてることでも、なんとかアメリカに勝って来年に繋げてもらいたい。
★10/19(金)楽天お買い物マラソンも始まります。(ちょっと最近やたらとやってる)
そして魔のドラマ渋滞金曜日ってことでも、バレーに買い物にドラマと時間が足りない。(笑)

探偵が早すぎる 第10話(最終回)感想

f:id:vividlemon:20180720033225j:plain

前回かなり朱鳥(片平なぎさ)に好感が増したと書いてしまったけど、撤回。(笑)
やはり根っからの悪だったなぁ。

亜謄蛇(神保悟志)はそれにしても朱鳥(片平なぎさ)のことが邪魔だったようなことを言っていたが、
結局、トリックをしかける材料っていうか・・
なんだかわからないうちに、金魚鉢がレンズになって火がつく仕掛けとか・・どうでもいいか。
とにかく亜謄蛇らしい小物なトリックには萎えまくりつつ呆れるばかりでもあったなぁ。

まぁ、あんまり千曲川滝藤賢一)の様子がいつもながら賑やかだったことでも、
面白く観れたのだけど・・・。
それにしてもラスボス感ある朱鳥のトリックの大きさには関心したけど、身内の犠牲もいとわない様子も、
今回は悪すぎて引くばかりでもあった。
とにかく今回のトリックというのがいまいちだったことでも、真面目に観ているのがちょっと残念なくらいでもあったが、なんだか盛り上がりにかけてしまっていたのも残念。

とにかく・・
一華(広瀬アリス)、政子(水野美紀)、千曲川のそれぞれのキャラが面白かったし、それぞれの絡みもたまらなく楽しかったなぁ。
そんなことでも続編ありであるけど、原作があるとしても千曲川が一華を守る理由さえあれば、まぁ続編もありでしょうね。(笑)

いくら聞いても、、千曲川の「カエサルの物はカエサルに・・」が飽きないし、ず~とやっていてくれても飽きない自身があるけど。
ちょっとずつ声のトーンを変えたりして千曲川がアレンジしてもいたから、そんなことでもまたの機会があったらと願わざるおえないなぁ。(笑)

いや・・まだまだ観たい三人でもあったなぁ。

TOP