Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。


★10/19(金)夜7時~(TBS)世界バレー女子、アメリカと5位決定戦♪
けっこう実力がついてきてることでも、なんとかアメリカに勝って来年に繋げてもらいたい。
★10/19(金)楽天お買い物マラソンも始まります。(ちょっと最近やたらとやってる)
そして魔のドラマ渋滞金曜日ってことでも、バレーに買い物にドラマと時間が足りない。(笑)

探偵が早すぎる 第9話 感想 燃やすとは?w

f:id:vividlemon:20180720033225j:plain

変顔を惜しげもなく披露する一華(広瀬アリス)がやはりいい。
まぁ、そこらへんが今作の肝となってるわけなのだが、けして笑えないような顔も、完璧にひくとしても安堵感はあるかなぁ。(笑)

今回大きな別荘での最終決着をつけるときが来たけど、あの人・・・
朱鳥(片平なぎさ)がこの家は気に入らなかったことでもいつか燃やそうと思っていたっていうのも、ちょっとツボった。
どうやって燃やすというのか・・「燃やすとは?」と突っ込みを入れてもらいたいけど、火でもつけて火事にするっていうことなのか?妙に言葉が気になる。

それにしてもトリック返しが今回も炸裂していたけど、
あれが楽しみで千曲川滝藤賢一)が探偵をしているというのも、なるほどってものでもあったかなぁ。
(やられる前にやりかえすっていうひねくれ者だけどね。)
いつもなぜか空腹なのもツボるところであるけど、一華のカップ麺に目をつけていたのもちょっとツボ。(笑)

そうそう今回は総合戦といった意味合いが濃かったけど、一華の大学の友達も生きていたんだね~。
朱鳥の子供の壬流古(桐山 漣)と麻百合(結城モエ)もあっけなく千曲川にやられてしまったけど、
それらしい結末となっていたけど、麻百合は気絶しちゃうのも可愛らしさがあって憎めなかったかなぁ。
とにかく朱鳥を見張っている亜謄蛇(神保悟志)の場面も、なんだかツボる。

仲間なのに、朱鳥の動向を亜謄蛇が隠しカメラで見張ってるというのも、なんか可笑しい。
勝手に朱鳥の悪ぶれ方が好みになってしまった私なことでも、朱鳥に絡むあれこれが可笑しく見えてきてしまったようで、本編に関係ないところでツボってしまってるわけだけど、千曲川といい勝負かもしれないなぁ。

あ~あの話し方といいなんとも憎めないというか、息子と娘も憎めないことでもやはりその母親も憎めないものがあるということなんだよね。

一華は相続しないことを決意したようなことでも、どうなっていくのか・・、
あれ?朱鳥を亜謄蛇が排除しようと思っていた?とはさらにツボる次回でもある。
予告が妙になぜかやはりツボる。(笑)

TOP