Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。


★日本女子バレーボールチームは6位だったけど、実質8位かなぁ?w  戦国時代という言葉どうりの内容になっていた女子世界バレーだったが、ベスト3に入るのはもう・・・至難の業であると思う。日本人らしい戦術を磨き上げることが必要であるけど、後2年か・・無理だとかなり思うがミスを極力減らしていくことで勝機を見出せる可能性はあるかなぁ。技量が増せば速さも伴うものだよね。理屈なんて後からついてくるがシンプルに速さはつまり、鍛錬あるのみですよね。出来ないのになんで難しくするんだろう・・。先導者が難しくしているかんじだけど、タイチームのシンプルさを見習いたいとも思う。シンプルに考えてやっていれば日本人は技量を身に着けることにかけては、外国には負けないはず。

サバイバル・ウェディング 第3話 感想 宇佐美(伊勢谷友介)が好演してるけど宇佐美と波瑠?

f:id:vividlemon:20180722043707j:plain

元カレの石橋(風間俊介)がどうも邪魔。
なかなか入れそうにないパーティーの席にも出席していたりして、困惑であった。
どんだけ凄いのか知らないけど毎回登場してくるのかね?
まだ未練があるようなことを最近までやっていたけど、新たなる恋が始まろうとしているのにいるのかね?

さやか(波瑠)が新たな仕事先の社長と関わり、変身していく様子とか、
柏木(吉沢亮)との新たなる恋へ向かう様子が面白く描かれているのに、どうも違和感でもあった。

それにしても宇佐美(伊勢谷友介)がいいかんじだなぁ~。
さやかと真摯に向いあってるなぁ~とさらに感じられてしまったけど、
丁寧な心遣いも繊細さが感じられてしまってほんといい。
見栄を張って酔っぱらってしまったけどそこもご愛嬌。

服にお金を使うことって大事なのだというのも説得力があった。
洗練されていていいよね。(洗礼でなくてせんれんか。w)
(うんちく台詞が多いのがチト寂しいけどね。)

もしや宇佐美と恋が始まるのではないかってくらい距離感が狭まってきたのは視聴意欲に繋がります。

なんだか酔っぱらって送られた夜、細道に入っていたようだけど、そっちがマンションか?

それにしてもさやかの気持ちがよくわかる回でもあった。
可愛らしい服装で打ち合わせの席についている子を観て、ありなんだってところなんかね。
反省しきりでもある。(汗)


そんなわけでなんか今回わかってしまったかも。
さやかと宇佐美が結ばれていくっちゅ~ことなのかね?
なんだかだんだんさやかに優しくなってるんだよね。
柏木王子は当て馬になってしまえ。(笑)

あ、そうそうそれでも生きていくのあの彼でもあるけど、一応彼は役者として好きです。

TOP