Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。


★日本女子バレーボールチームは6位だったけど、実質8位かなぁ?w  戦国時代という言葉どうりの内容になっていた女子世界バレーだったが、ベスト3に入るのはもう・・・至難の業であると思う。日本人らしい戦術を磨き上げることが必要であるけど、後2年か・・無理だとかなり思うがミスを極力減らしていくことで勝機を見出せる可能性はあるかなぁ。技量が増せば速さも伴うものだよね。理屈なんて後からついてくるがシンプルに速さはつまり、鍛錬あるのみですよね。出来ないのになんで難しくするんだろう・・。先導者が難しくしているかんじだけど、タイチームのシンプルさを見習いたいとも思う。シンプルに考えてやっていれば日本人は技量を身に着けることにかけては、外国には負けないはず。

「高嶺の花」第3話 感想 小田原フラワーガーデン出た♪流星ワゴンは隣接する・・。

f:id:vividlemon:20180712235711j:plain

高嶺の花、破綻している?

元カレを忘れるのは簡単だという理由が、チョコでくるんで一時避難だとかへんな理論を展開していたことでも半分呆れちゃったが、さらに龍一(千葉雄大)の部分も、なな(芳根京子)が恋におっこちたことでも、スパイが二人誕生したようでさらに萎えまくっちゃった。
母親と娘が龍一の手先、スパイってことになるけど、こちらの話は困ったなぁ~。

半分破綻していると思うわけだけど、直人(峯田和伸)ともも(石原さとみ)のお話が、一本筋が通っているかんじからも観ているドラマです。

忘れなくてもいいから一時避難するのだとか長々と説明していたが、
その理論の元になった体験談というのが、母親の父との馴れ初め話を聞いてあげるってことで、いや~長いったらないけど、チョコで回りを囲むお話にだどりつくのが長々展開だったなぁ~。

さらに日本一周少年も入れ込まれたり、キャバ嬢シーンも入れ込まれたりして、ごちゃごちゃしているだけ。
まぁ、キャバ嬢シーンは絵的に入れ込んでるだけなことでも、ほんと薄っぺらい話であった。

そんなことからもほぼ、面白かったかどうかというと、あまりそんな気持ちになれなかったというのが本音。
そもそも今作、演出が悪いのか峯田さんの表情があまりよくないんだよね。
色ボケしているっちゅ~か、演出的にそうさせられているのだろうけど、とにかくキモイ顔になっておることでも見ていられんってなる。
ドラマの問題云々よりもまず困った顔であるよね。

ちなみにキスシーンのロケ地がびっくりしたが、「小田原フラワーガーデン」じゃあ~りませんか。
ココからすぐ隣接しているところもロケ地となったんだけど、そう!おだわら「諏訪の原公園」は流星ワゴンでも出た鉄棒特訓の夜シーンだった。
遠くに見える大山がはっきり見えたよ。確か。

それにしても、こんなところでどんだけロケしてるんだよってかんじだけど、嬉し悲鳴でもあるなぁ。(笑)
ファンでもある石原さとみさんと峯田さんが来てくれたことでも、もう、、、行く♪
もう行ってくるぞっと♪近いんだけどね。

あ、そうそう植物園が日本全国どこでもあるっていうのに、わざわざ「キスシーン」でここまで来たってことは、(貸し切り撮影しやすい面もあるだろうけど)まだ他でもロケしてる可能性は高いかもね♪

小田原フラワーガーデン - 【テレビドラマに登場します!】... | Facebook

TOP