Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。


★日本女子バレーボールチームは6位だったけど、実質8位かなぁ?w 後二年か。

「おっさんずラブ」第4話 感想 乙女なブチョ~が泣ける・・。

f:id:vividlemon:20180421114225j:plain

いや~大変であったけど、ひとまず落ちついたと思ったら・・次が来るんだよね。

おっさんずラブ

土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』|テレビ朝日

4/21(土)スタート
土曜 23:15~24:05(テレビ朝日系)

キャスト:田中圭吉田鋼太郎林遣都内田理央伊藤修子眞島秀和、大塚寧々ほか

脚本:徳尾浩司
演出:瑠東東一郎、Yuki Saito、山本大輔

第4話のあらすじ(5月12日放送分)

「第3の男、襲来!!サヨナラ部長、愛してくれてありがとう」
蝶子(大塚寧々)に自分が黒澤(吉田鋼太郎)の思い人だと知られた春田(田中圭)は頭を抱える。牧(林遣都)とは気まずいまま、さらに今度は武川(眞島秀和)に急接近され、春田はちず(内田理央)から人生3度目の‘モテ期’と言われる。そんな中、ちずの兄・鉄平(児嶋一哉)の居酒屋が、タワーマンション建設のため一時閉店することになり、営業所の面々を呼んで閉店パーティーをやることに。春田はちずにその席で恋人のふりをしてほしいと頼む。

第4話の感想

第3の男、武川(眞島秀和)の登場やら、黒澤(吉田鋼太郎)部長にハッキリ断るハルタン(田中圭)なことでも盛り上がった第4話。(笑)
さらには、ちず(内田理央)ちゃんとハルタンの恋模様に、居酒屋ワンダホーの大ピンチも織り込まれていたことでもかなり満足な今回でもあったなぁ。

今までハッキリ断れずにズルズルと来てしまっていたわけだけど、はっきりさせないでいる関係を引き延ばさず、ココではっきりとさせてきたっていうのは、ドラマ的にもちょうどいい塩梅であったと思う。
お人よしな春田(田中圭)もよく頑張ったよね。

「ごめんなさい!」

が、あ~!聞こえちゃった聞こえちゃった~と泣き崩れる黒澤(吉田鋼太郎)・・。(笑)
あの場面は今回の一番の見どころともなっていたのだが、ついついTwitterを観てしまって・・手をバタバタするだとか書いてあったから、
いったいどんな風な場面なのだろうなぁ~と予想してしまったことでも、あまり笑えなかったのが残念でもあったなぁ。
(やはり、予告は観ない方がいいかも。)
(部長が手をバタバタしている動画もちらっと観たかも。w)
ともあれ部長の乙女さがダダ漏れであったわけだけど、まぁ、ちょっと可哀そうなくらいでもあったなぁ~。
失恋はいつも悲しいほどにお天気・・。(笑)

ハルタンも罪といえば罪でもあったが、ちず(内田理央)ちゃんのあの気まづいラストな様子はいったい、どういう意味があったのだろうかね?
へんなところを観ちゃった衝撃ってことだろうけどさ~。
ケーキを買って来るって、ワンダホーを救ってくれたお礼なのだけどね~。
ケーキを落とすほど衝撃的だったということなのか?
ともあれ、
春田はちずちゃんが好きでもあったから、牧(林遣都)との間に何かが起こっているっていう、わからない台詞が気になってもしまった。(笑)
ちずちゃんと春田の関係を知った牧は、気を利かせて元彼(武川)のところへ行こうとしていたのだけど、どうしちゃったのかね春田・・。

ちずちゃんも春田に恋心を抱いていたとしたら、ちずちゃんと春田の恋を応援していることでも、かなり気にあるラストでもあったなぁ。
春田のやっと走り出したちずちゃんへの恋が心配でもある。

まとめ

今回、牧(林遣都)の活躍もあってワンダホーが助かったけど、存在感のある役柄となって来ているのもよかったなぁ。

で、土曜日から始まった楽天買い物マラソンが忙しくて、感想がお留守になってしまったのだが、いや~買いたいものがけっこう見つかる・・・。
<例:色鉛筆36色(メール便)1300円ぐらい・防犯ブザー(350円ぐらいでビック24)・杜仲茶(90g1200円ぐらいでメール便)・ボタン電池20個(380円でメール便)・・・。>

メール便はポスト投稿されるので留守でも大丈夫だし、基本送料無料♪(品物が大型化している。)
*ナッツ類の1Kgがメール便(送料無料)だったりするご時世ですね。
楽天で買い物のメリットとしては、意外と普段買えない食品や物に出っくわすことが多くなってるということが言えるかなぁ。

意外と掘り出し物があることでも、買って大丈夫だったら・・そのうちリンクを張る予定。

ビックカメラ店(ビック24)は送料がかかってしまうわけだけど、風邪薬のルルゴールド(医療品)が特に一番安いお店でもあるので(ルルゴールド派)、うまく買いたい他の物をまとめて買って送料を無料にするというのが、送料無料のポイントとなってますね。w

(静かに買いたいものを見つけておいて、乾電池など定番品が切れたときに一気にまとめて買うようにするという計画性が買い物の極意♪)

TOP