Spring Star★

ドラマ感想と楽天、アマゾンな日々(たまに女子バレー)

「ヘッドハンター」第2話 感想 魅せるドラマになってきた

f:id:vividlemon:20180417050145j:plain

しっかり人間ドラマの様相を示してきましたね。

ドラマBiz「ヘッドハンター」

ドラマBiz「ヘッドハンター」:テレビ東京

4/16(月)スタート
毎週月曜 22:00~22:54(テレビ東京系)

キャスト:江口洋介小池栄子徳永えり杉本哲太平山浩行 ほか
脚本:林宏司
監督:星護

第2話のあらすじ(4月23日放送分)

大手企業「大急グループ」の営業統括部長・郷原高嶋政伸)は間もなく役員という立ち位置だが、気分は浮かない。元はパソコンメーカー・五陽テックの社員だった郷原。大急に吸収合併されたものの、五陽は今も彼の誇りだ。郷原が心を許せる社員は、学生時代からの親友・柳井(正名僕蔵)くらいだった。しかしその柳井に、黒澤(江口洋介)が転職話を持ち掛ける。偶然その会話を耳にした若手社員から報告を受けた郷原は…。

Yahoo!テレビより)


もぐもぐtimeがなかったのがちょっと寂しかったのだが、美憂(徳永えり)を中心とした事務所の様子も優雅でホッとする場面になてるのがいい。
そして、しっかりと転職される人とその背景の人間模様を描き切っていることも見応え十分。

味わい深さが感じられるほどであることでも、満足度は高かったです。

今回の案件からどうも黒澤(江口洋介)をつぶしにかかってきた響子(小池栄子)ってことでも、対立関係が鮮明になってきたのもよかったところであった。

なんていっても過去の栄冠をぶら下げてる郷原高嶋政伸)であるが、自分の立場を維持しているというかんじで、ある意味困ったパワハラともなっていたけど、古い体質を若手に押し付けることの弊害をきっちりと見せてきたのも、リアルで見入ってしまうばかりでもあったなぁ。

とにかく動じない黒澤(江口洋介)がいいよね。
そして、決め台詞となっちゃったのは、郷原が親友でもあった柳井(正名僕蔵)であるにもかかわらず、お前がずっと嫌いだったから・・という転職の最大の本音ともとれることを明かした場面だったが、ここも驚いてしまうところであったなぁ。
もう、何も我慢することはないのだと・・・、転職していくことで気がついていくのでしょうかね。
なんだか生々しい会話だったことでも、考えさせられるドラマになっても来ちゃいましたね。
そして一人寂しく会社を去っていく郷原・・古い体質改善ももたらしてしまうという・・おまけ付きのヘッドハントであったかなぁ。

たまたま居合わせて郷原の悪口を声高々と喋っている若手社員たちに、ダメ出しを吐く黒澤の気持ちも、なんだか罪の意識があったのだろうかね・・。

TOP