Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。


★日本女子バレーボールチームは6位だったけど、実質8位かなぁ?w  戦国時代という言葉どうりの内容になっていた女子世界バレーだったが、ベスト3に入るのはもう・・・至難の業であると思う。日本人らしい戦術を磨き上げることが必要であるけど、後2年か・・無理だとかなり思うがミスを極力減らしていくことで勝機を見出せる可能性はあるかなぁ。技量が増せば速さも伴うものだよね。理屈なんて後からついてくるがシンプルに速さはつまり、鍛錬あるのみですよね。出来ないのになんで難しくするんだろう・・。先導者が難しくしているかんじだけど、タイチームのシンプルさを見習いたいとも思う。シンプルに考えてやっていれば日本人は技量を身に着けることにかけては、外国には負けないはず。

「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」第1話 感想

f:id:vividlemon:20180422012754j:plain

高城英子(南果歩)もなんだかよかったし、さらに99.9のお店の子、岸井ゆきのさんもお目当てになりそう。

土曜ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(やけ弁)

4月21日(土)スタート<連続6回>
総合 毎週土曜 よる8時15分から8時43分
キャスト神木隆之介田辺誠一岸井ゆきの佐藤隆太濱田マリ、菅原大吉、小堺一機南果歩 ほか

:浜田秀哉
演出:柳川強、佐々木善春、渡辺哲也
制作統括:松川博敬

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁) | NHK 土曜ドラマ

第1話あらすじ(4月21日放送分)
「スクールロイヤー制度」の導入で、新人弁護士の田口(神木隆之介)は事務所所長・英子(南果歩)により「青葉第一中学校」に派遣される。田口は早速、娘・真帆(池田朱那)が担任の詩織(岸井ゆきの)から体罰を受けたと抗議する保護者・真紀子(堀内敬子)と対面。「学校を訴える」と息巻く真紀子に対し、田口は「威力業務妨害に当たる」と言い切り、見事追い返す。教務主任・三浦(田辺誠一)が田口のやり方に異を唱える中、その数日後…。
Yahoo!テレビより)

やけ弁の第1話感想

ちょっと、ほんのちょっとスカッとする内容だったけど、南果歩さんもなにやらいつもと違うかんじだったし、さらにあの先生役の方が、99.9でも出ていた岸井ゆきのさんだったことでも、かなり引き込まれるドラマになりそうな内容であった。
理不尽な生徒からの嫌がらせに屈することなく、立ち向かってもいった先生が健気でともかくいい。
そして、そんな先生を支える弁護士の田口(神木隆之介)もよかったなぁ。
ドラマも30分と短いことでも、パッパッと観ていける感じもよかったわけだけど、学校の問題を扱う内容なことでも、深入りしないかんじもよかったとは思う。
田口は親御さんからのクレーム処理に対して、先生方との意見の食い違いもあったようだけど、どう違うのかが彼の仕事の意義ともなっていくことでも興味深く視聴できたようでもあったなぁ。

写真で証拠を出してくる時点で、もはや、争いごとなだけでもあると思うから、先生と親御さんとの関係も、薄まっているようにも思うところであるけど、やはり頭ごなしに指摘して説得させるようなことは、教育的場では望ましくないということでもあったか。

ともあれ初回は弁が立つというよりも、クレームを冷静に合理的に説明し、モンスターペアレントを退治していたようにしか観えなかったみたい。

生徒が先生をいじめるような問題であったことでも、順序立てて非を認めさせるかんじは、やはり生徒と先生の問題と関係を根本的に解決していないように思えてならなかったのだけど・・。
そんなことでもちょっと押しつけがましさがあったとしても、短い時間なことでも後は
さらっと、なんとなく脳内完結でハッピーエンドにしていけるというかんじも、今作の短さがよい方に働くってわけみたい。

次回もちょっと期待したい。

TOP