Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。

★ちょっと中田ジャパンのことがやってたわけだけど・・そこで世界バレー女子14名を予想。リベロ2人は誰でもいいけど、セッター富永、佐藤さんで、荒木、長岡は健在だろうし、あとの8人はやはり黒後、石井、新鍋、古賀、 鍋谷、奥村、岩坂、島村とほぼ決まり切ってる感があるのが困りもの?
あ、これアジア競技大会とほぼ同じメンバーだけど、古賀でなくて野本になってるけど、まぁ、世界バレーもこんなかんじなんでしょうか♪
<テレビもろくに観てなくてもほぼ予想どうり。w>

「コンフィデンスマンJP」第2話 感想

f:id:vividlemon:20180410071932j:plain

このドラマ、毎度ボクちゃん(東出昌大)が何かしらやらかすことを前提にしていくってことなのかね?ちょっとメンドクサイと思うところでもあったけど、それぞれの顔芸やら雰囲気など、ばっちりなことでも楽しめる内容になっていたと思うし、コントドラマとしてはなかなか楽しいものになってましたね。

本仮屋ユイカさんも楽しめたし、吉瀬美智子さんもダー子に騙されてしまったとはいえ、サスペンスもお似合いであったなぁ。

第2話あらすじ(4月16日放送分)

詐欺から足を洗いたいボクちゃん(東出昌大)は、温泉旅館で優しい女将・操(本仮屋ユイカ)らと仕事に励む。ところが経営不振から、操が宿を大手リゾート開発業者「桜田リゾート」に売却すると言い出した。社長のしず子(吉瀬美智子)がただ同然で買いたたこうとしていると知ったボクちゃんは、1億5千万円あれば宿を売らずに済むと聞き、ダー子(長澤まさみ)らにあくどい商売をしているしず子から同額を奪いたいと提案する。(Yahoo!テレビより)

第2話の感想

物語の後半部分・・つまり、真鶴半島のちょっと横にあるなんちゃら島買収計画あたりの背景が、ちょっとわからなかったのだけど、疲れているとなんだかわかり辛いし、もうちょっとサクッとしたものにしてくれたらよかったかなぁ。
とにかく今までにないサスペンス調な吉瀬さんが観れたことでも、かなり楽しめてしまったなぁ。
今回の作戦そのものが、つまり全てボクちゃん(東出昌大)のあの女将・操(本仮屋ユイカ)を助けるっちゅ~~為の作戦であったわけでもあるけどね。
とにかくダー子(長澤まさみ)のあの豪快な笑い方もチョ~~~うけたし♪・・さらに嘘の芝居をするあたりの顔芸ったらなんとも可笑しくってね~ほんと、いろいろと楽しめましたね。
今作は顔芸が命ってことになりそうでもあるなぁ。
あの・・清楚な本仮屋ユイカさんのことを、エロ女将といっちゃったりして、(・・確か)ダー子が何気なく喋った言葉も後からジワリとくるのもいい。
エロ女将・・・静かな笑いがこみあげるよ・・。
トドメはなんていっても、、ペンションを経営してるその後の吉瀬社長の場面であったが、三ツ石海岸がちらっと白い階段から観えるラストなんか、ファンサービスなのね~と思えるほどでもあったなぁ。
あの階段で即場所がわかったけど、三ツ石海岸がちらっと出たことでも、確証に変わってしまった。もう、真鶴岬に行って来るぞ~。( ´∀` )

あの掃除をしている場面は岬のすぐ上にある喫茶店なんだよね。
ロケ地がわかるとテンションが上がってしまうのだけど、即行きたくなちゃう。(笑)
人気のない朝一に行けば、車で40分だなぁ。

子供のころ・・三ツ石海岸のことを三菱海岸と思っていた私・・。
三つの大きな石があるということだけど、二つしか岩が観えないようにも思う三ツ石海岸。
それにしても今回の島のロケ地はどこだったのか、なぜ真鶴半島のロケがあのラストだけってことも腑に落ちないかなぁ~。

他にもその周辺でロケをしていたと考える方が妥当なのだけど、あの島?ん~~。船に乗ってるシーンを撮るために真鶴へ行ったってことかもね。
(実際は真鶴半島の横には小島などないが、初島がもう少し下の方にありますね。)
初島には立派なリゾートホテルが実際あるけど、行ってみたいものでもあるなぁ。)

TOP