Spring Star★

ドラマ感想と楽天、アマゾンな日々(たまに女子バレー)

「アンナチュラル」第10話(最終回)感想

f:id:vividlemon:20180113031222j:plain

「旅の終わり」

ミコト(石原さとみ)の一言に驚かされる台詞が多かったのが、やはりよかったけど、そんな言葉たちにしびれる最終回。

犯人へトドメを指した言葉は、母親の幻影に苦しめられていることを指摘する言葉だったが、裁判の場面で犯人の心の底を射抜く言葉は、あっけなかったとしても・・・確実に仕留める言葉でもあったなぁ。
そして、宍戸(北村有起哉)と中堂(井浦新)の正念場・・でのあの言葉。

フグの毒に効く特効薬はないとは知らなかったけど・・宍戸(北村有起哉)も肝を冷やしただろうヨ。
いや~それにしても宍戸と中堂(井浦新)の卑劣さったらなかった。
あっちがこうでれば、次の一手も計算していた中堂っていうのも・・恐るべし。
あのぐらい用意周到でなければ宍戸と向かい合うことができないのだろうけど、
まさにクライマックスといったかんじでもあったなぁ。

なんせ犯人の犯行をそばで見ていたということだったようだから、許せる相手ではないんだよね。
本にして売り出そうという計画は、ほんと共犯者ともいえなくもないレベルであったなぁ。

いや~それにしても久々に北村さんの存在感を味わうことができる場面でもあった。
往生際の悪い汚れた役回りを、ほんと切れ切れの演技でやってくれてましたね。

もちろん、対する中堂演じる井浦さんもであるけどね。

そんなわけで六郎(窪田正孝)もまた帰ってきたし、これならばシリーズ化が待ち遠しいな~と思わせるミコトたちであった。
東海林夕子(市川実日子)も存在感がなかなか面白くてホッとするんだけど、
(くどいけど「すいか」からのファンです。そんでもってからに、すいか会とかもあるらしいけど、早く「すいか2」を作ってくれないかなぁ。)

www.excite.co.jp

使い勝手のいい彼も戻ってきたし、(この方の存在感はやはり凄いね)
そして、松重豊さんってことでも、このメンバーはお気に入りばかりでもあるのだよね。

TOP