Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。


★日本女子バレーボールチームは6位だったけど、実質8位かなぁ?w  戦国時代という言葉どうりの内容になっていた女子世界バレーだったが、ベスト3に入るのはもう・・・至難の業であると思う。日本人らしい戦術を磨き上げることが必要であるけど、後2年か・・無理だとかなり思うがミスを極力減らしていくことで勝機を見出せる可能性はあるかなぁ。技量が増せば速さも伴うものだよね。理屈なんて後からついてくるがシンプルに速さはつまり、鍛錬あるのみですよね。出来ないのになんで難しくするんだろう・・。先導者が難しくしているかんじだけど、タイチームのシンプルさを見習いたいとも思う。シンプルに考えてやっていれば日本人は技量を身に着けることにかけては、外国には負けないはず。

「99.9」-刑事専門弁護士-SEASON II 第8話 感想

f:id:vividlemon:20180115034936j:plain

羊羹を食べるときは楊枝が必要であることでも、羊羹と楊枝を疑う必要があったはずなのだけど、深山(松本潤)もまだまだだなぁ~と思わせるような今回。(笑)
羊羹に毒があると判断してしまったなんて、ほんとおバカさんな深山ちゃん。
それとも羊羹にあいていた穴はトリックだったってことのようでもあったけどね。
そのへんが少々分かりづらいとしても、生ぬるいトリックでもあったとも思う。

あのビデオを回しての検証で今回、、即、犯人を捕まえることができたが、かなりコレ・・裁判よりも確実に結果を出すことができちゃいますね。
敵をわざと泳がせておいて・・罠に誘い込むわけだから、言い逃れもできやしない。

そのへんどこかの誰かさんたちも・・見習いたいところでもある。(笑)

泳がせるってそれにしても・・使えるなぁ..。(笑)

裁判なんてやらないで、コレでさ~~と、特定しちゃった方がお金も時間も省けるってものだぞ♪。w
だってさ~犯人もただの検証だと油断してるんだもんね。
それにしても・・
まさか、わざと一回目を外してきたともとれなくもないか?
恐るべし深山の俺ってバカだなぁ~であったかもしれない。(笑)
いや、そうであってほしかった案件でもあった。

まぁ、それならばそれで、即解決してしまって物足りなくなるんだけどね。

失敗もやはり必要なことでも、うまく出来ている本作であったのだろう。(笑)

今回のような川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)の睨んだ顔も観れたのも、厚みが増して良かったとは思うけど、あのふやけた顔だったら、睨み返すこともできる私・・。(笑)

少々温いかもね。

TOP