Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。

BG~身辺警護人~ 第2話 感想

f:id:vividlemon:20180119105801j:plain

相変わらず菅沼まゆ(菜々緒)がかっこいい。♪
(主演さまは言うまでもなくオール・マイティーです。)
ニコラス・ケイジの沢口正太郎(間宮祥太朗)も良かった。♪
今までのイメージが払拭されてもきてるのがいい。
(あの保険のおばさん、もう出ないのか?w)
そして皆で盛り上げている(支えてる)といった雰囲気のあるのもいいよね。

で、行永(田中哲司)が裁判官として命を狙われているかもしれないってときに、
亜佐美(大塚寧々)がわがままし放題なことでも呆れるばかりでもあった。
その後、事情がわかったわけだけど、それにしても素行調査だったら、いつでもできたはず。
まぁ、ボディーガードが素行調査も引き受けるのかは別問題だけどね。(笑)

うまく本事件っぽさに絡ませてきたようでもあったなぁ。(笑)
裁判官の置かれている立場がよくわかるような今回でもあったなぁ。
重責に押しつぶされそうになる緊張感といつも向かい合い・・それなりのふるまいを強要されもする妻の・・不憫さ不自由さというものを垣間見たかも。w
それにしても、立原(石田ゆり子)と今回の主婦の女性の描かれようが同じようでもあったようだが、不満を抱えているところとか・・男の接し方とかちょっと同じようで困惑。(笑)

お気軽過ぎちゃってもいたのがびっくり。軽すぎでもある。

そういえばこのドラマ、かっこいい女性の描き方は素晴らしいのに、あまりキャピキャピした娘がいないんだよね。
演出がうまいことは確かであるけど、同じような軽さは脚本さま(井上由美子)が原因?
そして、さらに女性の描き方がちょっと古いかんじもしてしまうよね。w

あらすじ 1月25日放送分(第2話)
注目の裁判を控える裁判官・行永(田中哲司)の自宅玄関先の自転車が放火され、警視庁SP・落合(江口洋介)らが出動する。一方、章(木村拓哉)とまゆ(菜々緒)は、行永の依頼で、妻・亜佐美(大塚寧々)の警護に当たる。ところが、亜佐美は不動産会社の営業マン・三上(石黒英雄)と会った直後に様子が急変し、ある指摘をした章を解雇した。章から経緯を聞いた行永は、妻の素行を知るため、章たちを雇ったことを認めるが…。
(Yahoo!テレビより)

TOP