Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。

コウノドリ2 第10話 感想

f:id:vividlemon:20171024072848j:plain

羊水検査が悪い結果であった場合・・産むか否か二組の夫婦をとうして描いてきた今回。

10話のあらすじ

別のクリニックで出生前診断を受け、21トリソミー陽性と検査結果が出た妊婦の高山透子(初音映莉子)と夫・光弘(石田卓也)がサクラ(綾野 剛)の元を訪れる。
透子と光弘に確定検査である羊水検査について説明するサクラは、お腹の中の赤ちゃんについて「二人で向き合い、決めていくことになる」と告げるが、動揺する透子と光弘に「これからのことを一緒に考えよう」と寄り添い支える。

一方で、サクラと今橋(大森南朋)は、出生前診断を受けたもう一組の夫婦、明代(りょう)と夫・信英(近藤公園)のカウンセリングを行う。こちらの夫婦は羊水検査でダウン症候群との診断を受けていたのだ。サクラと今橋を前に明代は“ある決意”を告げる。
2組の夫婦の選択に、サクラはどう向き合い、どう寄り添っていくのか。
命について、思い悩むペルソナメンバーたちに、サクラは自らの“ある想い”を告げる。

(HPより)

「透子、あんた産みたいんだね。
大丈夫、あんたがへばっても、母さんがいっ・・。」

透子(初音映莉子)の母として生みたいという思いに、母親が答える場面が印象的でもあった。

そして、どうしても一人娘に生れる子の面倒を見させることになるだろうことや、家の事情などからも生むことを諦めた明代(りょう)でもあったが、術後の子を抱いた思い・・小さい体だったけど温かかったと、号泣する様子には涙が溢れるばかりでもあったなぁ。
やはり、命の選択ということでも重い内容であった。
障害を持って生まれてくることでも、その後を手助けする人がいるか否かという問題も絡んできそうだが、そのへんで明暗が分かれていたことでも、どうもドラマ的にいいお話しにまとめたとも感じられる今回でもあったかもね。
出来過ぎなかんじであるが、いわゆる優等生タイプドラマともなっていたので、ちょっとその辺は嫌いでもある今回。
台詞が少し鼻に付いてしまう場面が多かったのだが、ともあれ研修医吾郎(宮沢氷魚)先生の命の選別の問題意識と、出生前診断があたりまえになったとき、医師としてどう向き合えばいいのか?という問いに答えるサクラ(綾野剛)先生の言葉が印象的でもあったなぁ。

以下引用しておきます。

(吾郎先生の質問の答えは僕にはわからないとして・・。)

命は尊い
赤ちゃんが生まれてくることは奇跡だ。
平等であるはずの命を選別してはいけない。そのとうりだ。
けど、ぼくはずっと迷ってる。

命の選別。その言葉に皆が囚われてしまっていて、
お母さん、お父さん、家族、その事情には目が向けられていない。
それぞれの事情の上に命は生まれてくる。
育てていくのが家族なんだ。

出生前診断を受けた結果、中絶を選択する家族もある。
心が重くなる。
いつまでも慣れることはない。
けど、悩みに悩んだ上でその選択をして、僕たちに助けを求めている。

その手を払い除けることはできない。
中絶を決めたお母さんが、赤ちゃんを最後に抱きたいと願う。
確かに矛盾しているかもしれない。
だけど、その葛藤に僕たちが寄り添はないで誰が寄り添う。

検査を受けた人、受けなかった人。赤ちゃんを産んだ人、産まなかった人。
どの選択も間違ってない。

いや、間違ってなかったと思えるように、産科医として家族と一緒に命と向き合っていく。
それが僕に、僕たちに出来る事なんだと・・
そう信じて僕はここにいる。

出生前診断での産科医としての立ち場をはっきりと示しているサクラ先生でもありましたね。

TOP