Spring Star★

気ままなドラマ感想

コウノドリ2 第6話 感想

f:id:vividlemon:20171024072848j:plain 

今回はさらに辛い6話であったなぁ。

6話のあらすじ

下屋(松岡茉優)は、ピンチヒッターとして行ったこはる産婦人科で、切迫早産で入院している神谷カエと出会う。
この病院で唯一の入院患者のカエは、不安が募っていた。
下屋はカエの不安を少しでも取り去ってあげるため積極的に相談に乗っていた。
名前も年齢も同じ2人は意気投合し、次第に仲良くなっていく。
患者に首をつっこみすぎじゃないかと言う白川(坂口健太郎)に下屋は、
自分で判断する力をつけることも大事、サクラ(綾野剛)や四宮(星野源)に頼ってばかりじゃ、一人前になれないと反論するのだった。
そんな中、下屋はカエの様子に違和感を感じ、こはる産婦人科の院長に告げるが、
「週明けに検査する」とだけ返されて帰路につく。
ペルソナに戻った下屋のもとに、こはる産婦人科からの緊急搬送が。
なんと、心肺停止で運ばれて来た妊婦はカエだった。
(HPより)

産婦人科医の下屋(松岡茉優)の小さな戸惑い(感)からの後悔と葛藤・・。
そして飛躍と結ばれていった今回。

救命が関わってくるというのはやはり辛い。
死と向き合うことでも辛すぎる今回であったなぁ~。
まぁ、冷静に振り返るとやはり、親しくなっての死ということでも・・ちょっとはドラマの作り手のいやらしさといったものも感じられるのだが、辛過ぎる話しであった。
とにかく下屋を演じる松岡茉優さんが好演してましたね。

ちょっとした戸惑による大きな失敗は乗り越えるものではなく、ただ受け止める(向き合う)ってことですね。

それにしても四宮(星野源)先生まで、乗り越えようとしているだけだ、甘ったれるな!・・と言われてしまったが、救命科へ行ってまでも厳しい言葉を浴びせられてしまうとは、厳しい現実は容赦なかったなぁ・・。

頑張れ下屋・・・と祈らざるおえなかった。

感想はどっちかというと、このドラマは辛すぎることでも・・書かない方がいいと・・かなり今回は迷った。
ただ辛いとしか言えないから・・。

TOP