Spring Star★

ドラマ感想日記~ほどよくしなやかに~

さくらの親子丼 第6話 感想

f:id:vividlemon:20170925104106j:plain

ちょっと不思議な展開もあるにせよ・・琴線に触れるドラマ。

6話のあらすじ

さくら(真矢ミキ)は、自身との因縁を知ったあざみ(吉本実憂)に対しどんな態度を取っていいのかわからず、

意識的に避けるようになった。
そんな矢先、恭子(本仮屋ユイカ)が実家の九十九堂に戻ってきた。
あざみを居候させるさくらの真意を知り、またジャーナリストとしての好奇心からの行動だった。
急にあざみに対してよそよそしくなったさくらに対し、恭子は「母さんらしくない」と制した。
一方あざみは、俊太(塚田僚一)の精肉店のアルバイトに欠員ができたと聞き、働くことにする。
ある日、“たまりば”に出入りしている剛志(柾木玲弥)がびしっとスーツでキメてやってきた。
しかしこの日は、さくらは剛志に親子丼を作ろうとせず、
「これから死にに行こうとするあんたに食べさせる親子丼はない」と突っぱねる。
実は剛志は、ヤクザの兄貴分に組の若頭を襲撃するよう命令されていたのだった。
憤然として九十九堂を後にする剛志を心配そうに見つめるあざみに、
さくらは彼の悲しい過去を話す。剛志は崖から車で海に飛び込んだ一家心中の生き残りで、早く家族のもとに行こうと死に急いでいたのだ。剛志の身を案じたあざみは、翌朝剛志のアパートを訪ねる。
するとそこで、衝撃の事実が発覚する…。

(HPより) 

さくらの親子丼 第6話 感想

ラブホの上野さんでもおなじみの柾木玲弥君登場♪
いや~なかなかよかったなぁ。
母親にまつわるエピソードが、とにかく涙なくして語れないものになっていたけど、おじちゃんと記憶をなくした母親が呼ぶなんてね。
そして、子供に戻ってしまったことでも手がやけてしょうがなくって、それでも踏ん張ってる息子の剛志(柾木玲弥)の姿には感銘してしまったなぁ。
性格はまっすぐでいい奴なんだよね~。
自動車による一家心中で家族を亡くしてしまった過去を背負っている剛志。
母親への恨みを背負って生きるあざみ(吉本実憂)と、ダブラせて描かれているのもせつなかった。

このドラマ、琴線に触れる要素がかなり多いなぁ。

すっかりあざみの事も愛おしくなってきたけど、
あざみを見守るさくら(真矢ミキ)はもとより、娘の恭子(本仮屋ユイカ)も、なんだか愛おしくなるばかりだ。

どう接してよいかわからないさくらは、あざみを避けて誤魔化してもいたけど、ありのままの姿勢が貫けないもどかしさを、
やっと解きほぐすことが出来たビンタも泣かされたなぁ。
愛のある頬の痛さを、かみしめるあざみのシーンもよかった。
そして恭子とさくらの酒のシーンも、なんだかほわほわ~としていい。

このドラマでは親子っていうより、友達みたいな親子関係にある恭子とさくらも素敵なのだよね。
私はそんな娘の恭子に心ときめいちゃってもいるなぁ。
さくらの素敵さとはまた違うもんがあるのだ。
本仮屋ユイカさんは前々から美人さんだと思ってはいたが、なんだかほんといい~♪

まぁ、バイトをちょっとし始めた、ニッコリ笑えないあざみも好きだけどね。(笑)
いい人ばかりしか出ない今回でもあったが、ほんといいドラマだ。
あざみがいる家に恭子が戻ってきてくれたのは、なんだか嬉しかったなぁ。

TOP