Spring Star★

ネットの巷でドラマの感想を書いてます。

刑事ゆがみ 第6話 感想

f:id:vividlemon:20171013131610j:plain

ドラマチックでもなかったことでも、卓上の理論ならぬストーリーなかんじ。

6話あらすじ

弓神(浅野忠信)や羽生(神木隆之介)らは、総資産300億円を誇る若きIT企業家・貝取勝平(新田真剣佑)を狙った傷害事件を捜査する。事件は、貝取が来週オープンさせる予定だったプラネタリウムで起きた。
貝取プラネタリウムまで送り届けた運転手が、指示された通り深夜0時に迎えに行くと、彼が血を流して倒れていたという。
貝取は、サプライズ企画の準備でプラネタリムを訪れることをSNSに投稿していた。
弓神と羽生は、意識を取り戻した貝取に会いに行く。だが貝取は、イヤホンで音楽を聴いていて振り向いたらいきなり刺されたため、犯人の顔は見ていないという。
強引な企業買収を繰り返す貝取は、多くの人間から恨みを買っていた。
そのひとりが、望遠鏡メーカー『スタームーン』の創業者・星月亘(辻萬長)だ。
事件現場のプラネタリウムもこの会社が携わっていたが、貝取が出資話を白紙に戻したせいで倒産し、社長だった星月の息子・晃介は借金苦で自殺していた。

弓神たちが星月から話を聞くと、事件発生時刻は酒を飲んで寝ていたという。孫娘の光希(新井美羽)の証言も同じだった。
その際羽生は、モンスターを集めて遊ぶゲームアプリ『モンコレ』がきっかけで光希と仲良くなる。
そんな中、弓神たちは、貝取が『モンコレ』人気で急成長した『テンドーカンパニー』の買収も目論んでいたと知り、社長の天堂英里(MEGUMI)に会いに行くが…。
(HPより)

それにしても、今回アクションが控え目だったかなぁ。(笑)
NHKの朝ドラヒロイン幼少期の子役ちゃん登場でもあったが、
まさかね~~とは思ったが、ん~~犯人だったとは少々唖然。
いくら父親のプランを貝取新田真剣佑)がマネしていたからとしても・・行き過ぎなように思えちゃう。
そして、法律で罰せられないことでも罰を与えようとした貝取・・
どうも今回は卓上でのシナリオって感じが強くて、ドラマチックでなかったなぁ~。
社長の天堂英里(MEGUMI)のキャラが立ってなかったのも残念。
そんなことでも子役が目立ち過ぎちゃっていた。

TOP