Spring Star★

気ままなドラマ感想

監獄のお姫さま 第2話 感想 嵌った。

f:id:vividlemon:20171019060922j:plain

やった~~最高な出来であった2話♪

これ思うんだけど、ギャグドラマであることは間違いないでしょうね。

ギャグ:映画・演劇などで、観客を笑わせる、その場当たりのせりふ・しぐさ。

過去と未来が同時進行していくとしても、ギャグドラマという視点で描かれてるっぽかった。
馬場カヨ(小泉今日子)が夫を刺しそこねた思いを社長の板橋吾郎(伊勢谷友介)に向けてもきたりして、
未来をギャグで描いていくっていう嗜好も面白かったなぁ。(理由なきギャグ。)

ともあれ2話・・・
板橋を甚振りつつ・・ギャグっぽく描かれる未来と、
そして、馬場カヨが塀の中の住民たちとの温かい友情物語となっていたのもよかった。
基本的、馬場がディスられるのもお約束でもあるけど、そこも必見であったし、次第に仲直りしちゃったりする場面も、かなり見所となっていたことでも大満足♪

馬場カヨが、財テク菅野美穂)の逆鱗に触れてのディスられちゃう様子・・
どこが逆鱗なんだよ~ってかんじでもあった、イラッとなったんだよね~カヨに。

くそ~~頭にきた~バン食い競走で勝負だ~!!みたいな・・ことになったが・・
何種目も用意して戦うことになったことでも、まるで10種競技かよ~~ってなことになっちゃったなぁ。
そして戦いが終わってみれば・・
おや?♪皆仲間じゃないか、はっはっはっは~~♪って、青春だわ~ってさわやか~ってなことになってしまったけど、なんとも愉快な愉快な2話となっていたなぁ~~と。(笑)
まさにジェットコースターコメディーとはこのことだ。w

とにかく女優(坂井真紀)、姐御(森下愛子)、財テク菅野美穂)、しゃぶ厨(猫背椿
そして馬場カヨと先生(満島ひかり)もお気に入りの中のお気に入りフォルダにしまっておきたいくらいでもあった。
そして社長の板橋吾郎(伊勢谷友介)もギャグに仲間入りなことでもよかったなぁ。

とにかくお宅訪問ならぬ、塀の中へようこそ!ここへクックック・・(ないことに、)(汗)、みたいな馬場カヨの体験記てかんじでもあったが、下っ端なもんだから、一から塀の中のことを説明していくかんじもぐ~~であった。

決まり事など興味深かったけど、ピリピリしているわりにやはり、なぜかオモロイのはなんでだろうか~って、そもそもの住民たちがクセモノ!!ばかりなことでも、反対にやはり可笑しさが溢れちゃうということなんだよね。

とにかく姐御、女優、財テク、しゃぶ厨の部屋の住民たちが面白すぎる。
満島さんは先生のような役がほんまにぴったり♪嵌るよね~。

そして財テクなちょいいけすかない女を演じる菅野美穂さんも、違和感の微塵もなくドラマに溶け込んでいるのが不思議なくらいであったが、ほんと似合ってしまっていたなぁ~。

なんでだろう??(笑)化学変化なのか地なのかよ~わかんほどに演じてますね。
あの食事になったときに、かかる音楽はほんまでっかぁ~となったけど、
まったく曲は違うだろうけどあんなのが流れてるでしょうね。

そして、案外自由に暮らせる様子もおや?となったけど、
やはり厳しいお決まり事がいっぱいあって、気が引き締まる思いでもあったなぁ。
馬場カヨ目線でもあるからね。
財テクの逆鱗に触れる馬場ちゃんだったが、ほんと菅野さんとキョンキョンの一騎打ちも見応えあったなぁ~。
仲直りしなかったら、どうなっちゃうのかと思うほどでもあった。w
やっぱ馬場ちゃんは銀行員が良く似合うけど、すいか、来た~~ってもんでしたね。w

暴れる馬場ちゃん、ガラスがあ~となったときに待ってました先生登場!!
二度目はないといったでしょう・・ね、独居房へゴ~。

このへんのやりとりもかなり緻密な台詞であったなぁ~。
さすがに脚本家さまのことだけあります。

そんなわけで、現実と嘘の狭間をいい塩梅で料理しているドラマであるなぁ~とかなり思た今回でした。

姐御の「づっきゅん♪」も最高~♪

もう化学変化そのもの。

次回は録画しておこう~っと。永久保存版だよね。

TOP