SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ハロー張りネズミ 第8話 感想 グレお疲れ様

f:id:vividlemon:20170714235403j:plain

地味なお話しであったけど、
グレ(森田剛)と精二(國村隼)との・・がよかったなぁ。
・・に入る言葉が見つからない。
ともあれ探偵業の大変さというものを垣間見たような回であった。

それにしても、、、グレ大変だったなぁ・・
お疲れ様。
いい仕事したと思う。

グレと清二がおっさんと兄さんと呼び合う(確か)仲になっていくかんじもよかったし、
ともあれ2人が次第にお互いを知ることになっていく様子がよかった。
そういうことは先に言ってくれよ~・・というグレ。
探偵のプロなんだから~と言い聞かせるようにおっさんに言うグレ。
嘘を平気でついて情報を得るグレに、とんでもないことをする奴だな~って目線を送るおっさん。
なんだかそんな二人のやり取りには見入ってしまった。

あんまりはじめは面白くないのではないかと思ってしまったけど、
次第にこの2人の人間臭さに引きこまれた。

おっさんが探していた自分の娘の家でのこと・・
話し合うことなど今更なかったが、グレが帰り際にキッチンを覗き、お腹空いたと料理を食べてくれないか、そうすればいい思い出になって気分よく帰れるから・・とかなんとか・・。
昔、子どもの頃よく作ってくれたチャーハン(労働者の味)を懐かしみ美味しいと食べる娘さんであったことでも・・・
グレの気転もなかなかよかったなぁ。

兄の家を教えてもらい・・次第におっさんが衰弱していく中、
必死で黄色いハンカチが窓に掛かってないか探すグレ・・(かかっていることを祈っていたはず。)
目が暗くなって観えなくなったおっさんでもあったけど、画面まで暗くしたのはかなり効果的であったなぁ。
かなり古い車であったが、さらに哀愁を漂わせ悲しみを倍増させていたと思う。

幸福の黄色いハンカチ』が俺も好きだというおっさんであったことでも・・
伊豆の思い出の海岸にハンカチをなびかせて弔うグレであったが、
そんなグレの優しさと情熱を垣間見ることができた回であったなぁ。

お化けとかあれこれ苦手なものが多いグレであるけど、顔に似合わず気が優しくていい奴なんだよね~。(笑)

それから・・やはり、
おっさん(國村隼)の声がなんともいいことでも・・聞き入ってしまったが、台詞がついつい、入ってこなかったりしたりもしてしまったなぁ~。(笑)
國村隼さんというとどこかのドラマに出ていたとは思うけど・・
今回を観てSPドラマの沢尻エリカさんの「時計屋の娘」を思い出した。
(まぁ、宇宙人のドラマでの有村架純ちゃんにぶチューは衝撃的で忘れられんのだけどね。w)

そんでもって有村さんといえば、野球ドラマがあったのだけど、マネージャ役で座ったベンチをしっかりロケ地まで行き写真に納めたなぁ~。(朝ドラ女優さんになるなんて今更ながらに感慨深い♪)(まぁ、ロケ地っていっても地元だけどね。)
(さらに一番のベンチ写真はというと、最後から二番目の・・極楽寺駅前のキョンキョンが座ったベンチ写真となってます。w)

TOP