SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

セシルのもくろみ 第7話 感想 フェローニのモデル歴ないも同然?

f:id:vividlemon:20170714020001j:plain

やはり前回、超有名ブランド「フェローニ」のモデルも抜擢されたミヤジさんでもある。
もう少しミヤジへの評価を上げなければならない気がするけど、
ブレがまた増えたかなぁ~?
まぁ、そこは置いておきます・・。(笑)

(ここだけの話し・・)いまさらでもあるが、
ミヤジさんの声がちょこっとドスが効いているのも痛いと思う。w
ちょっと痩せていてさらにドスが効いてるとなると、冷めるかも。
ココだけの話しであるが。(笑)

それにしても・・
舞子(長谷川京子)とレイナ(芦名星)が出てきたことでも、
メリハリが出てきて良かったと思う。
(しかし、すでに7話・・。)
今迄のキャストがどうも温かったと思う。

とにかく・・
舞子とレイナの傲慢さがいいと思わせるものがあったけど、
なんだか新鮮なキャラクターになっていてよかったなぁ~。
敵対関係にあるとしても一本芯がやはり感じられる。

この二方はキャットファイトなどはないと思わせるのがいいよね。
どうしてもキャットファイトって、面白味よりも冷めちゃうことの方が多いと思うのだけど・・。(笑)
キャットファイトの濃さにもよりますが)

で、いまさらであるが、
ハマユカが雲の上の人なのに・・・
ミヤジとタメなかんじになってることでも、
なんかありがたみが薄れてしまってるようにも感じられるのは、
もったいなかったと思う。

出来る先輩が支えてくれるというのは必要でもあるけど、
ハマユカの凄みというものがあまり感じられない演出がもったいない。
(脚本だけでなく、演出の問題もかなりあるかも・・。)

ようやくハセキョーが出てきたことでも・・
ミヤジの存在が薄まってきたと思うけど、
その分残念なことに観やすくなってきて、面白さも出てきたかなぁ。

やはり・・もう少し早くこのようなミヤジと対峙する相手が入れ込むべきであった。
脇キャラのエピソードも今までは、単調で本編にあまり関係がなかったので、
同じような繰り返しでもあったので、
単調な内容になってしまっていたのも残念なところけど、
今回は動きだして来た・・と思わせてくれたのがよかったですね。

とにかく舞子とレイナが出てきてから、
新鮮味を感じるようになってきたなぁ。

レイナのなんで出戻りなのにカバーモデルはあり?
と言うのもごもっとも!!というものだった。
(そんな甘いもんでもないだろうからね~。)

ミヤジらしさが出れば出るほど空回りしていたと思うけど・・。
否定されて成長していく過程を描くとしても・・
やっと根本の喋り方から特訓することになったというのは、もう7話でもある。

(ココだけの話し)中の人も体育会系でもあるから、ミヤジとダブってしまうのだよね。
相撲女子だったらまだしもほっこりするけど・・
(ボクシングだったりすると、やはりちょい引く。)

喋り方もハマユカと話しているときは普通の喋り方になっているのも・・
へんなのだが、業界の人全般的に敬語にならないとダメなのではってかんじもする。
このへん、なんか小さなボタンの掛け違いが大きくなったっぽいかもしれない。

それにしても前回もSNSをレイナが悪用してミヤジを陥れたけど、
今回も誰かさんによって喋り方が悪いミヤジを拡散とはね・・。
どうも同じ展開となってますね。(汗)

撮影現場で覚醒するミヤジというのももう、3回目か。

次回は刺客な舞子とレイナがどう動くのか楽しみになってきた。

後2話?・・巻き返して欲しいですね。

今回、素直になって突っ込みを入れてしまっけど、
基本的に応援しているドラマです。

TOP