SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ブランケット・キャッツ 第3話 感想

「眩(くらら)~北斎の娘~」再放送決定♪
10月7日(土)NHK総合 午後4時45分から! 宮崎あおい 松田龍平 三宅弘城 西村まさ彦 野田秀樹 余貴美子 長塚京三 ほか

f:id:vividlemon:20170624063938j:plain

「二人ぽっちのブランケット・キャット」

西島秀俊さんに吉瀬美智子さんってことでも、やはりキャスティングがいいかんじですね。
最近特に拘っている感じを受けるのだが、洗練されてもきたかんじもしてしまうドラマ界。

1話2話と観てきて、ようやくわかったのだが、絶妙なバランスのキャスティングになってると思う。
ほぼこの2人から醸し出される雰囲気だけで80%ドラマが出来上がっている。
まさに西島ワールドと吉瀬ワールドの化学変化というかんじだが、必然的な融合ともいえなくもないかなぁ。

そこがベースであるが、ここだけでも完成されていることでも楽しめるものになってるってことですね。
後は一話事のエピソードでどう魅せていくかってことでも、うまく絡められていればよい旋律を生み出されても行くというわけなのだ。
そんなわけで今回もなかなか奥深さのある静かな物語になっていたのもよかったなぁ。

ともあれ・・スズメも捕まえちゃうかぁ~。
なるほどであった。(;´・ω・)
猫ちゃんの母性本能によるところで、飼い主に食べてもらいたいということとは・・。
猫は飼ったことはないのだが、隣の飼い猫がたまにそんなことをする。(笑)
なんだかなんでも捕まえちゃう。(笑)
猫ウンチクにはのめり込んでしまった。
ってことは雌猫だけが捕まえるってことでしょうかね??
ライオンもだけどそういうことなのだろうか?

まぁ、そのへんは置いておくとして、ともあれ猫ちゃんが大活躍しておったエピソードであったなぁ。
有希枝(ともさかりえ)が我がままに生きていることを自負し、その解決策がわがままし放題な猫ちゃんを買う事だったか。
なるほどってかんじなれど、やはり離婚の原因が鮮明になってきたのは辛いお話しでもあった。
猫ちゃんが二人の間を狭めるきっかけになっていたのだが、やけにやはり秀亮(西島秀俊)が絡んでいたのも自然でよかった。

秀亮の元妻の話しもうまく絡められて、やはりドラマがさらに重厚さを増していたのもよかった。
秀亮と美咲(吉瀬美智子)の醸し出す雰囲気があってのことでもあるなぁ。

秀亮の妻が猫をなぜいっぱい飼う事にしたのか、その原因もわかるかもっと思わせるような有希枝のエピソードでもあったように感じられるのもよかった。

TOP