Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。

★ちょっと中田ジャパンのことがやってたわけだけど・・そこで世界バレー女子14名を予想。リベロ2人は誰でもいいけど、セッター富永、佐藤さんで、荒木、長岡は健在だろうし、あとの8人はやはり黒後、石井、新鍋、古賀、 鍋谷、奥村、岩坂、島村とほぼ決まり切ってる感があるのが困りもの?
あ、これアジア競技大会とほぼ同じメンバーだけど、古賀でなくて野本になってるけど、まぁ、世界バレーもこんなかんじなんでしょうか♪
<テレビもろくに観てなくてもほぼ予想どうり。w>

緊急取調室 第5話 感想 ただ善悪をなくした男

f:id:vividlemon:20170421124410j:plain

「記憶をなくした男」

今回の事件は単純に劇場型犯罪というかんじの方が強かったと思うけど・・
記憶を無くしたという劇場型の変化バージョンってかんじ。

それ以上でもそれ以下でもなかったのに・・ボランティアをしていたとか、笑顔にしてあげるとか・・厚かましさだけをかなり描きおってもいたのがムカつくばかりだったなぁ。(後からみれば・・。)

ブラック企業を変えたいという熱意はいいとしても、後輩の為にというヒーロー目線からの衝動で始まった経緯から、ただの高慢な自己中男になってしまったなぁ。

やはりブラック企業にいたことでも、おかしくなってしまったってことなのだろうか?
それとも初めからただのヒーローおバカであったのかってものだが・・その辺があまり語られてもいなかったようでもある。

ともあれ並行して・・

ブラック企業絡みで天下りとかも放り込みつつ・・
使いっぱしりとなってる「もつなべコンビ」の何回目なのだろうかってくらいの葛藤と再構築なんかも入れ込んでしまって・・
お話しを大きくしていただけでもあったと思う。

まぁ、今回のブラック企業をあばきたいというのはわかるとしても、手段に殺人が絡んでしまったことでもただのヒーローバカであることは明白だけど・・。
そこがなかったら単に劇場型犯罪ゴッコで終わっちゃう事件でもあると思うのだ。

なんだかどっちみちってもんでもあった。

善悪の境界線を見失ったときに事件となるけど、輝いていた過去と現実の後輩が引き金になった事件でもあったかぁ・・。
過去に取りつかれちゃった男の哀れってことかなぁ。

TOP