Spring Star★

気ままなドラマ感想

プレミアムドラマ「奇跡の人」1話、2話の感想

f:id:vividlemon:20170306034448j:plain

www.nhk.or.jp

2017年3月5日より、NHK総合テレビでの再放送決定!

2017年3月 5日、12日、19日 毎週日曜 連続8回

3月 5日(日) 総合 午前0時50分から(土曜深夜) 第1.2回
3月12日(日) 総合 午前0時50分から(土曜深夜) 第3.4.5回
3月19日(日) 総合 午前0時05分から(土曜深夜) 第6.7.8回

重いハンデキャップを克服したヘレン・ケラーと、彼女に光を与えた“奇跡の人”サリバン先生の実話をヒントに……ヒューマンドラマの名手・岡田惠和が大胆なアレンジを施して、笑いと涙いっぱいの感動物語を描く『奇跡の人』。
主人公のダメ男・亀持一択はロックバンド銀杏BOYZ峯田和伸。一択が恋する美しく哀しい女・鶴里花には麻生久美子。目と耳に障害のある娘・鶴里海役は、『マッサン』でエリーの長女を演じた子役・住田萌乃。そして、3人を厳しくもあたたかく見守るアパートの大家・都倉風子を宮本信子が演じます

【作】岡田惠和
【音楽】井筒昭雄
【出演】峯田和伸 麻生久美子 住田萌乃 浅香航大 中村ゆりか 勝地涼 山内圭哉 光石研
白石加代子 宮本信子 ほか

【初回放送】2016年4月24日~6月12日(BSプレミアムにて放送)

(HPより)

 1話、2話のあらすじ

プレミアムドラマ 「奇跡の人」第1話
(2017年3月5日日曜NHK総合 午前0時50分~ 午前1時39分)

ダメ男がタフな女に恋をした。女には目と耳に障害のある娘がいた。「俺が先生になって、彼女に世界を教えてやりたい!」ダメ男が挑む、笑って泣ける本当の愛の物語。

亀持一択(峯田和伸)は毎日を怠惰に生きるだけの、なーんにもないダメ男。ところがある日、偶然出会った鶴里花(麻生久美子)に恋をした。花には目と耳に障がいを持つ娘・海(住田萌乃)がおり、住む家を探して困っていた。一択は自分のアパートの大家・風子(宮本信子)に部屋を貸してやって欲しいと頼み込む。そして、海に世界のことを教えてやりたい!海にとってのサリバン先生になりたい!と、人生初の無謀な挑戦を始める。

プレミアムドラマ「奇跡の人」第2話

(2017年3月5日日曜NHK総合 午前1時39分~ 午前2時28分)

ダメ男がタフな女に恋をした。女には目と耳に障害のある娘がいた。「俺が先生になって、彼女に世界を教えてやりたい!」ダメ男が挑む、笑って泣ける本当の愛の物語。

一択(峯田和伸)は花(麻生久美子)が昼に働いている間、海(住田萌乃)の世話をすることになった。広い世界を感じさせてやりたいと海を散歩に連れ出した一択だが、街中で騒動を起こして大家の風子(宮本信子)に警察まで迎えに来てもらうハメになる。そこで次に一択は、アパートで花にスプーンの使い方を教えようと考えた。だが、海は頑として受け付けず、それから何日も二人のスプーンをめぐる壮絶な闘いが続くのだった。

プレミアムドラマ「奇跡の人」1話、2話の感想

脚本は好きなドラマの中でも多分5本指に入る「最後から2番目の恋」の岡田惠和さんですね。

「奇跡の人」1話と2話を夜中にリアルタイムで視聴したのだが・・歯に衣を着せぬドラマというかんじがあって、久々にいいドラマと出会ったというのが本音であった。(再放送であるが)。
とにかくシリアスな内容であるとしても心地よい作りになっていることでも、かなりの秀作であると思う。
このドラマ、やはり、そこらへんにある普通のドラマと大違いなことでも、まずは役者さんについてふれておきたい。

子役は住田萌乃ちゃん。

始めはわからなかったのだが、なんとなくあれ?どこかで観たことがあるなぁ・・と思ったら、やはり「視覚探偵」でも出ていた萌乃ちゃんでした。(かなりしっかりしているんだよね~。)
耳も目も喋ることもできない海(住田萌乃)の動作がなぜか可愛らしくもあり、なぜか愛くるしいかんじに観えたりもしたけど、ほんと顔の表情がなんともいいし、怒ったり泣きじゃくる様子などなど、ほんと可愛らしかった。
可愛らしいと感じるのも、ちょっとへんでもあるが、シリアス過ぎても引いてしまうからそのように演出したということなのでしょうね。ちょうどいい塩梅となってることがよかったと思う。

ダメ男の一択(峯田和伸

そして先生役を担うことになるダメ男の一択(峯田和伸)であるけど、峯田さんって実際にロックバンドをしているということでも、型破りな演技となってるのもいいし、なんせ既視感がまったくないことでも、新鮮でいいのだよね。
(検索するとツイッターもあったのだが、なんだか1話2話を観ただけで、ファンになってしまったみたい。)
Twitterもフォローしたいと思います。

あ、Twitterのプロフェール欄を読んだら、涙が、ちょっと出てきてしまったけど。( ノД`)シクシク…

以下引用です。

「僕は思うんだ。本当の芸術というのは、音楽にしたって映画にしたって文章にしたって演芸にしたってなんにしたって、ドアが開かぬままあなたに会いに行ける魔法だって。」

いや~まさにそう思います。
いわゆるTVドラマも魔法をかけることができるアイテムでもあるはず。
このドラマのエンディングの歌がかなりの迫力で、生き生きとしていて素晴らしいと思ったのだが、この方が歌ってらっしゃるのだろうか?
まぁ、身に沁みるというかずっしん~とくるものがあります。

母親の花(麻生久美子)他

母役の麻生久美子さんは何もいうことがない大大好きな役者さん。
そして、脇を固める役者陣も手堅いのだけど、どうしてもやはりNHKがよく似合うといったら変だけど中村ゆりかさんもいいかんじ(ファンでもあるが)の絵描きさん役でした。(^^♪
そして、大きな愛で見守る寮母といったかんじの宮本信子さんも、コミカルさがあって、ホッとする存在感を漂わせているのもかなりいいですね。
とにかく既視感もなく、演技も型破りなことでも一択がなんとも新鮮でいいのだが、ほんと真っ向勝負でぶつかってるといったかんじからも、嘘っぽさの微塵も感じられないことでも、このドラマ観ないといけないドラマであると確信してしまいました。

内容について

海の母親の花(麻生久美子)と先生役をすることになる一択(峯田和伸)の出会いも、無頓着過ぎて唖然としてしまったが、初対面の花に鼻毛を見せる男も、そうはいないのだなぁ。
鼻毛の毛球までも画面で確認できるっていうのもびっくりであったが、まじまじと見てしまったわい。(笑)
つまり、これから始まるドラマは鼻毛なんて、そんな小さなことに拘っていたらってことなんでしょうけど、型破りな男でもあるということを強烈に印象づけてもいましたかね。

1話と2話分なことでも、感想がちょっと長くなりそうなので軽くまとめたいとして、それぞれの生い立ちも悲しいのに、可笑しいものになっていたり、花がアパートを追われることになったことからも、一択が住んでいる風子(宮本信子)のところへお世話になちゃうあたりも、けっこうユーモアたっぶりでもあったなぁ。
まず、この大家さんがいる住処のようなところがなんとも居心地がよさそうなのだ。
大家さんもちょい朝帰りなんぞしたりもして、掴みどころがない大物ぶりをかんじるし、いつも冷静沈着勝つ、それでいて朗らかにいつもSmileを絶やさないという愛着のある大家さんとなってるのも、なんだか見入ってしまうわけでもあるのだ。
見た目もさっぱり中身もダメ男な一択の良き理解者(かなり親身)でもあるのもなんだかいい。
そして、海ちゃんとの戦いの日々が始まる2話であるけど、なんとかしてSOUPをSPOONで呑ませSmileさせたいというスリーS作戦が一択の目標となっておったけど、そこがなんとも凄かったわけなのだよね。
我慢比べということになるけど、奉仕しても見返りを求めてはダメというのが鉄則であるとして、身を削りながら惜しげもなく無償の愛情を篤く暑苦しく厚く熱く注ぎ、とうとう3S作戦が成功してしまったってことでも・・
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ってことになったのだが、、ともかくまさに感情を惜しげもなく爆発させながら町を駆け巡ぐって喜ぶ姿は、まさに生きているってすばらしい~っと、無邪気に喜べる一択が羨ましくもなるほどで・・もうこのへん心温まるでは収まらないような一択なことでも・・・なんと素晴らしいの一言なのだよね。

一択は田舎のばあちゃんに言われたこともあって、人の為になれることをしようとしていたわけでもあるけど、やはり、人の為に生きることが出来なければ死ねというのも、なんだか身につまされる話しでもあったのだよね~。
なのでダメ男を応援したくなってもきてしまったわけでもあるが、ともあれ一択の魂の大きさというか生き様が型破りなことでも、なんだかスカッと!!観ているとするのもよかったところでしたね。
なんせダメ男が花に一目惚れなのだから、そちらも応援したくなってしまうのだ。
そんなわけでしっかりハートを掴まれてしまった奇跡の人(峯田さん)に夢中になってしまいそうです。去年は峯田ロスで大変みたいだったようなのだが・・わかる気がする。

まとめ

脚本の岡田惠和さんというと29年度の朝ドラ

ひよっこ

 岡田惠和(オリジナル作品)

 

の脚本も担当されますね。
なので、最後から二番目の恋の再々?続編は今のところ無理っぽいかなぁ~。
後、何か書き忘れた気もするのだけど・・・。

ちょうど一年前の2016年4月にNHKBSプレミアムで始まったドラマですが、たまに夜遅くでもいいので、いいドラマをこのように地上波再放送をしてくれることは、ほんと何よりだとこのドラマを観て思うばかりでした。
(今日もTwitterの感想を読んだけど、けっこう皆さん感動されてる様子が書かれてるんだよね~。)この世界に生きていることは、何かしら理由があるのだと思ってる一択・・と、海は迷惑をかけてるわけでなく、海はただあたり前のことをしているだけなのだという花の、とにかく心温まる、魂に響く内容ともなっていて、こんなドラマを書く脚本さま(スタッフ)は、伝道師なのだなぁ~と、
本来あるべき姿をおもいださせ、導く力の持ち主なのだなぁ~と・・
人コーディネーターというか、なんかそんなもののように思えてならないのだ。
脚本という職業であるけど、崇高な仕事をされていると思う。
そして2次元を3次元へと結ぶ役者さんという仕事が(スタッフ全て)これほどまでに愛おしく思えるドラマもないかなぁ・・ということ。

そんなわけで残りの4話~8話までどっぷりつかりたいと思います。

(やはり脚本はオリジナルでないと、だめだと思うわけでもあるが、近頃原作ものが多くて、ちょちょいと工場のように流れ作業ドラマ化している感がある。よって金太郎アメヨロシク陳腐なものが多くなってしまったみたい・・。やはり本物を目指すならば、オリジナルで身を削ってもらいたいですね。そう・・「火花」の師匠先輩のように、しっかりせんかい!と、太鼓をたたく男に一喝な場面が過った。w 火花はちなみに長回し風景が多くて、時間ロスぎみ過ぎてやはりパス。)

(ちなみに今、大分前のドラマ「すいか」の感想も書きたいと思っているのだけど、馬場ちゃんという人物がこちらでも登場してますね。ヒューマン脚本家さま二人・・つまり、通じているかもしれないなぁ・・と、思うこともあったりしてます。w なんとなく、どちらも大家さんがいてアパートが舞台でもあるので、なんだ陽だまりが匂うようなドラマだなぁ~ともおもいましたね。馬場ちゃんとは銀行員で横領して逃亡中でもあるのだが、キョンキョンがその役を友情出演してやっておるってわけでもあるのだよね。こっちのブログで書くのが筋というものだが、へんな癖をなくそうとあちらも開設したのだ・・。)わたしは二つのブログで感想を、違うものを書くのでしょうか?( ´∀` ) 困った困った。

ちなみにリンクを張らないけど、あちらは別な人になれたらってことが狙いでもあるのだ。でも一応exciteブログなのだよね。(リニューアルして機能UPしたみたい。)まだ、こっちが忙しいから書く暇もないのだ。(笑)
ちなみになんと!大杉漣さんとか役者本人さまが書かれてるブログも多いようで・・ちょとびっくり。

TOP