SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

バイプレイヤーズ 第6話 感想

f:id:vividlemon:20170115000158j:plain

おや、もうバイプレイヤーズの続編の話しが出ていたようだけど、バラエティだとか旅番組だとかとして、やはりバラエティとか旅番組なんて誰でもできるようなことは他の方に任せるとして、やはり役者さんのドラマの裏側がいいかもしれないなぁ。
それに尽きると思いますね。(笑)
ぶらりバイプレイヤーズの旅なんちゅうのも観たいとは思うけど・・。
業界ネタをわんさか盛り込みつつ展開しなければならないのは、必須。(笑)
シャアハウスでなくて、毎回どこかを旅行&旅館で宴会っていうのもいいでしょうけど、移動が大変そうかもしれないし、全員集まって旅行もスケジュール的にかなりキツイのでやはり、無理かもですなぁ。(笑)

そんなわけで今回、竹中直人さんが最終的につるし上げられそうになってしまったが、大杉さんの台本をパクッた疑惑が浮上してしまった。
しかし大杉漣さんの書かれた脚本が駄作というか、ダメ脚本であったことでも竹中さんに書き換えてくれって自ら頼んでいたってわけでもあったかぁ。
そんなことも酔っぱらってたことでも、忘れてしまっていた大杉さんであった。
仲間を疑いさらに竹中さんも疑ってしまったことでも、どんな顔をしていいのかわからなくなっちゃうような土下座でもあったけど、まぁ、ただの思いすごしでほんとよかったですね。
嘘と現実の狭間をうまく料理しているドラマでもあるわけだが、(ちかえもんより引用)やはり、思いすごしだとしても、このドラマはワクワクしてしまったなぁ。

ん~それにしても竹中さんが登場してくるとは、これまた高まった。
いや~この色んな方が登場するというのもこのドラマの醍醐味でもあると思う。

そんでもっての続編であるが、そうそう、実際に「7人の侍」をリメイクしちゃってもいいんじゃないでしょうかね。
こんな贅沢なものは昨今、、ないと思うけどなぁ。平成版七人の侍・・。
映画をドラマ化するというのはよくあると思うけど、さすがに7人の侍は今のところなかったと思うので。この面子ならではの七人の侍・・役者さん次第?としてもどうでしょうかね。

実際テレ東らしい気骨さがあると思ってるわけだが、ここで時代劇をぶっ放すのもテレ東さんだと思いますけどね。

あ、そうそう・・そもそもドラマ枠がコレ・・10時にしてもいいと思いますが。
ん~~もったいないなぁ~。