SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

就活家族 ~きっと、うまくいく~ 第1話 感想

f:id:vividlemon:20170113010137j:plain

キャストは三浦友和黒木瞳前田敦子工藤阿須加新井浩文山本未來中川知香渡辺大木村多江さん。
1話でお気に入りとなった方は、黒木瞳さん演じる母親と、娘役の前田敦子さんと、少々頼りない息子役の工藤さんと、父親役の三浦友和さん。
舞台となる富川家の人々がまるまるお気に入りとなったことでも、ほぼ視聴決定ってかんじでもあった。
しかし、キャストは面白いと思っても、ストーリーがちんまりとしたものであったら、という懸念が残るのだ。
それにしても1話から煽られっぱなしの富川家を見せられたのは、ちょっとマイナス要因でもあった。
このドラマ、家族がそれぞれ就活に励むことになりそうだけど、ん~富川家の娘の栞(前田敦子)と息子の光(工藤阿須加)がともあれ危なっかし~ですね。
法事用の30万をちゃっかりと彼氏と使うような栞だったり、怪しげな教室に入会してしまう光であったりと、しっかり者の両親はともかくハラハラさせられそうな二人でもあったなぁ。
しかし、栞は今の会社を代えたいということらしいけど、そして、息子の光についても、怪しげな教室が絡んできたことでも就活というテーマでまとまってくるのであろうか?とか、ちょっとテーマのあまり観えない1話でもあったみたい。

息子を助ける母親としての黒木さんが頼もしかったり、面白かったことでも、母親の水希(黒木瞳)には引き込まれたのだけど、
ともあれ難癖をつける銀行員の息子にえらい目にあってしまった父親の洋輔(三浦友和)の場面は・・しぶくなってましたね。
ドラムを叩く姿もかっこよいし、うますぎたことでもびっくりであった。
銀行の息子がたちが悪くて、自分探しをしているかんじでもあったけど、がっつんと言われたかったとは、なんともえ?ってかんじの洋輔もよかった。
そんな好青年とはいいがたいけど、ちょい好青年ぷりが観れたのもよかったのだが、煽り役としてもかなり鮮烈であったなぁ。
彼にはこれからも関わってくることを期待したけど、どうなのだろうか?
一時はどうなることかと、、ほんとこちらも煽られっぱなしであった。

そんなわけで母親役の黒木さんが可愛らしくて、頼もしくて、、かなりのめり込みつつあるけど、痴漢に間違われた息子を助けるあたりなどなど、意外と微笑ましかった。
そんなわけでこのドラマ、ちょっと2話も期待したいなぁ。

就活家族 ~きっと、うまくいく~ 第1話

大手メーカーで人事部長を務める富川洋輔(三浦友和)。上司からも部下からも信頼の厚い彼は、新卒採用の面接とリストラを言い渡すという重責を担っていた。一方の富川家は、それぞれ問題を抱えていた。就職活動中の息子・光(工藤阿須加)はまったく内定がもらえる気配がなく、挙げ句、ホストクラブから出てくる母の水希(黒木瞳)を目撃してしまう。娘の栞(前田敦子)も、会社でのセクハラに悩んでいた。追いつめられた家族は…

HP