読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

SPドラマ「愛を乞うひと」 感想

f:id:vividlemon:20170112104623j:plain

主演・篠原涼子一人二役に挑む。
読売テレビ日本テレビ系SPドラマ「愛を乞うひと

2017年1月11日(水)9:00放送

このドラマ、よくわからなかった。
半分虐待ドラマなのだから。
それにCMが長いことでも、なぜ虐待するのかわかるまでが、長かった。
というか答えが描かれたのかもよくわからない。
CMとSPドラマの長さからくる功罪もあると思う。
(時間をチェックしたくらいだが40分まで虐待の場面ばかり・・。)
(さらに、途中で何度もそんな場面を多用するというのもどうなのかなぁ?)
(ちゃちゃっと編集すれば1時間で描ける内容でもある。2時間もので描くような内容でもないと思う。)
なので、虐待場面をただただ描き続けたかったとしか思えないくらいでもあった。
(ところどころ迫真さもかけていたのだし。)
なぜ娘を虐待するのか、なんとなく愛していた夫の娘ということぐらい・・。
観終わって、、疲れた・・損したというのが本音でもある。
おばさん検事・・だったか、裏ドラマの録画したのを続けて視聴したけど、裏ドラマの方が面白かったなぁ~。
そちらの感想は後で書こう。一編に書けたらいいのだけど。(笑)
(だからSPドラマの感想はいやになることが多いのだろうなぁ。)

それにしても、母との対面のラストも、味気ないったらなかった。
ほぼベタなものであったから・・。
歌で母と娘であることを確信したとしても・・まぁ、二役ということもあるのだとしても、、ほぼ脚本もなく、まさにコレ、雰囲気ドラマといったものであった。

母親が小さく見えた・・・この言葉もベタすぎて唖然。
(篠原さんが怖い女といったイメージが付かなければいいのだけど・・。)

(せめて温水洋一さんが出てきたとき、こっちは贈収賄事件で忙しいんだからさ~と、ボヤいてくれたら・・。)

(回収できなかったドラマ・・。味気ないし怖さが残るばかり。)

愛を乞うひと|篠原涼子主演 読売テレビ・日本テレビ系SPドラマ

追記

脚本は・・・おや!!
2017冬ドラマ、草なぎさんの「嘘の戦争」の脚本の後藤法子さんでした。
冬ドラマも掛け持ちしていたことでも、忙しかったってことでしょうかね。
嘘の戦争が面白いだけに、同じ人が書かれたとは思えないですね。

キャスト/スタッフ | 嘘の戦争 | 関西テレビ放送 KTV

雰囲気ドラマは中身がないドラマということにもなるけど、演出に頼り過ぎるドラマでもあるということ。
愛を乞うひと」 そんなドラマであったと思うばかりでもあった。

1時間結末が見えそうになかったら、(垂れ流し状態であったら・・。)そのSPドラマはこれから視聴は止めにしよっと。時間がもったいない。

それとも、篠原涼子さんの演技不足で引き込まれなかったのかなぁ?
ともあれ赤ちゃん泣き声は封印してくれてたのはよかったのだが、、すいませんね酷評で。(あ、梨央ちゃんですけど・・。伸びる子だと思うので。)

  1. 照恵という名前だけは印象的であった。
  2. 原作もあることでも、そもそも演出主導型であったかもしれない。
  3. 演出は映画「愛を乞うひと」のときの助監督であった谷口正晃さん。

谷口正晃 - Wikipedia

愛を乞うひと - Wikipedia

原田美枝子さん主演の映画と見比べてみたい気もするドラマでした。
やはり、といってはなんだが・・映画ありきドラマだったことに尽きるかなぁ。
毎度やってしまう、追記ばかりの感想になってしまった。(笑)

あ、ちょっとアクセスが集中してきたけど、さすがにやはり久々の篠原さんドラマでもありましたね。二役という熱演ぶりが光ってもいたと思います。なんで一人で二役をやることになったのか、、映画から来ていると思われるけど、母と娘の絆を見せたかったということが何となく感じられてよかったです。
しかし、落ちがあまりにもなかった。

まとめのまとめ

つまり、内容をまとめちゃうと・・一人では生きられなかったけど、そばに支えてくれる娘がいたということ。
母、豊子にしても、そんな照恵であったということなのでしょうか?
なんとなく納得。

女は強しということも言えそうでもあったのだが、ともあれ娘がいたからという言葉が印象的でした。愛を乞うひとの人って照恵のことだと思うけど、、どうなのだろうか。
ともあれ春が感じらるような日差しが温かいと思えるドラマであったなぁ。

★甘い物と辛い物?
ん~~。対照的だった照恵と豊子についてそのようにコメントされている篠原さんですが、、そのまま演じてしまったとも思えなくもないかなぁ。(笑)
つまり辛い物と甘い物が絡まってぶつかったままになっちゃったかも・・。
辛い豊子の甘い面があまりにも観れなかったラストが引っかかりますね。何十年らいの再会だっというのにあれでよかったのかなぁ。まぁ、春の予感がしたのでよかったのだが。

春らしいドラマであったと記憶に残して置きたいです。