Spring Star★

気ままなドラマ感想

「新春スペシャルドラマ 富士ファミリー2017」感想

f:id:vividlemon:20170105025300j:plain

新春スペシャルドラマ「富士ファミリー2017」

2017年1月3日(火)PM9時(NHK
人気脚本家・木皿泉が手がける、奇跡の物語、再び。このお正月も笑って泣いていただきます!

(キャスト)

薬師丸ひろ子,小泉今日子,ミムラ,マキタスポーツ,小倉一郎,仲里依紗,片桐はいり,高橋克実,吉岡秀隆 ほか。

(あらすじ)
富士山のふもとにある小さなコンビニ「富士ファミリー」の、評判の美人三姉妹。しっかり者の長女の鷹子(薬師丸ひろ子)。自由奔放な次女のナスミ(小泉今日子)。要領がいい三女の月美(ミムラ)。ナスミは東京で結婚したが、夫の日出男(吉岡秀隆)と二人で戻ってきてすぐに、病気で亡くなってしまった。
鷹子は今年ようやく、雅男(高橋克実)と結婚し、近所のマンションで新婚生活を送っている。ナスミの元夫・日出男は愛子(仲里依紗) と再婚し、娘を授かったが、変わらず店を切り盛りしている。店には新しくアルバイトの“ぷりお”(東出昌大)が入ってきた。そして、ナスミは笑子バアさん(片桐はいり)だけに見えるユーレイとして現れる。
年の瀬も迫ったある日、鷹子は、有名な予言者のキティ・トーヤマ(YOU)の雑誌記事を目にし、中学の同級生であることに気づく。中学時代の日記には、鷹子の運命に関するとんでもない予言が。新入りユーレイのテッシン(羽田圭介)、笑子バアさんの友達(?)・徳三(鹿賀丈史)らが加わり、ファミリーの面々それぞれの人生に騒動が巻き起こる!

新春スペシャルドラマ 富士ファミリー2017

少々とっちらかってしまったという印象が強かった。

2016年正月にやったSPドラマの感想を読んで思い出したけど、今回はお手伝いさんのカスミ(中村ゆりか)も居なくなっちゃうし、代わりにぷりお(東出昌大)になってしまってるし、さらにあれこれ脇キャラがかなり登場して来たりして、もう、誰が誰だか初め観たときはわからなかったなぁ。
あまりにも浅く関わるキャラクターが多かったことでも、ドラマの内容がどんどん薄まってしまって、とっちらかってしまったようで残念であった。

それにしても次女のナスミ(小泉今日子)の話しもあまり関わってこなかったことも残念でもあるけど、生まれ変わりたいとしても、捨てられないものがあるとかなんとかで、、富士ファミリーの周りから離れられない地縛霊のままとなってしまってるのもなんだか寂しいのだ。
あのカメラマンな後輩が先に生まれかわちゃったからって、なんだったのだろうか・・?

鷹子(薬師丸ひろ子)にかけられた呪い・・と、呪いの元の・・付き合ってはダメ話に絡む月美(ミムラ)の息子。
なんとなくうまく描かれてもいたけど、子供の頃に小さなトゲとなっていたものが、大きくなって大変なことになるというお話も・・さらに、コスプレ夫婦な話しもなんとなく進んでいくというかんじも少々、引き込むには無理があったみたい・・。
それなりにいい話しみたいにはなっていたのだが、感慨深いものにはなってなかったのが残念な気もするのだ。

呼吸するような家・・炊き立てのお米の美しさ・・といった何気に見過ごしがちなことに目を向ける点は、このドラマらしさがかんじられたし、今思っていることがやがて変わってしまうのは寂しいというメッセージ性もこのドラマらしさがあってよかったとは思うのだが・・。終始感傷的?だったか・・。
ともあれ、、ちょっとあれこれ描き過ぎてしまったかなぁ~という印象であった。

終始・・笑子バアさん(片桐はいり)がコミカル担当ってかんじでもあったけど、笑子バアが熱演してもいたのが今回の見所ともいってもいいくらいでもあった。

透明感あるナスミ。

ファミリー感あるコスプレ嫁。

感傷的なる鷹子。

おはぎPOWERな笑子バアさん。

そんな絵コンテばかりが先を行くお話しであったかなぁ。(笑)

生まれ変わるんだからという・・ナスミであるけど、まだまだ成仏しないのね。(笑)

困った。(笑)


(ん~~録画してあるSPドラマが・・まだまだあって観きれん。)
(しかし、ブルーレイレコーダーはさすがに以前のものより画質が綺麗でびっくり。Wチューナーも助かる~~♪ パナソニックのって説明書をじっくり読まなくても直感で使えるので意外と使いやすくて満足♪)

レコーダーをスマホで視聴、USBメモリーの暗号化etc.、ランケーブルなどなど、また新たなものに挑戦中なことでも、ドラマ視聴が難しい昨今・・さらにスマホとモバイルコンパニオンとか?ん~~追いつかんなぁ~。(笑)

TOP