SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

「コピーフェイス~消された私~」第6話 最終回 感想

f:id:vividlemon:20161121001429j:plain

「真実の行方」

お風呂に入る暇もなく忙しい昨今なことでも、感想を書くのも少々シンドイとして・・。
そこそこ面白かったかなぁ~といったこのドラマ。
しかし、何か物足りないかんじもしたみたい。
飛行機事故にあっての、入れ替わってしまった顔ということでも、とんでもなく変わった内容だったのだが、兄と父親が違う弟ということでも、よくあるストーリーが元ネタという感じで描かれていたので、これといった真綿らしさがやはり、ちとなかったようにも思うのだ。

突拍子もない設定だとしても、やはりあっさりと進行していかないとごちゃっとなってしまうことでも、、あっさり仕上げとなってしまうのも無理はないのだけど・・。(笑)
(この設定だといっぱい描くと嘘っぽくなってしまうと思う。)

スリルとサスペンスに兄弟愛と家族愛・・が軽く描かれていたドラマであった。
しっかり観たくないという気持が強かったということも言えるのだが・・今期そんなのが多かったかも。
ともあれ・・・柊二(佐藤隆太)が報われたのはよかったよかった。
ほぼそこもわかっていたようなものでもあったが、引き算で作られているお手本みたいなあっさりしたドラマといったかんじが歪めないなぁ。
あっさり?。。。。いや~なんていうかあっさりなのだけど、
登場人物の役どころ以上のことはしないという・・・かんじでもあった。

ともあれ・・・一貫した柊二の家族愛が描かれていたのはよかったし、佐藤さんの趣がぴったりでもあったことでも見入ってしまうポイントとなってましたね。
柊二を支えたいと、思いを寄せていた三島(芦名星)もいいかんじ。意志の強さとわきまえた身のふりを知っている女性でもあった。
そうすると 芙有子と和花の二役ということでも、あまりよくわからないかんじもしてしまったかなぁ。

まとめ

このドラマ、飛行機事故が元でもあった。父親が違うということでの家族に降りかかる災難というか・・再起動なドラマでもあった。
宝くじに当たらない0%は悔しいと思ってしまうけど、(楽天のパンダなあれにも当たらないのもムカッとなるにしても・・。)事故や火事に合わない0%を得ていることを忘れてはいけないということかなぁ。
ともあれw10アップデートは、いまいち不良だったり時間がかかってしまったのも困り者である。来年もまだ続くみたいだけどね~。(笑)

ついでにWチューナーがついている録画機だったことを忘れるのだけど、お~~二番組も録画できちゃうとは、信じられないレベル。こんな技術の進歩とコストパフォーマンスのよさは、ストレスが減りますね~。

それにしてもあれこれな買い物事情なれど...omni7・・・nanacopoint移動できん?のか~?なんだかわからん。)楽天も大丈夫?・・薬品扱う、、近頃吸収された三つの会社(楽天24は前からだけど)。。Amazonの方が安いことが多い!
ポイント倍増なんちゃらで、、目くらまし作戦かも?
Amazonはポイントがついてこないのだが、それも楽天に少なからず一時の勢いをもたらしてもいる?
ともかくほぼAmazonポイントつかないよね~。なんで?
楽天ポイントキャンペーンとか、シルバー会員とかの制度がなかったら、、買ってないかもしれん。

私の買いかた

ちなみに私の買い方は、、楽天である商品を観たとしても・・。

  1. その商品名で検索・・・。
  2. 価格サイトで最も安いお店などを知ったり、その物の評価を読んだりして、どんな商品か見定める。
  3. Amazonが安ければAmazon。他が安ければ大型店舗のところならばそこで買います。(NTT-Xストア)
  4. しかし、楽天ポイント倍増何チャラまで価格サイトでは番付に反映されてないことでも、一応楽天に飛ぶ。
  5. キャンペーンがあったりすると、楽天でしか買わないので何日でも倍増するまで粘ることになる。

まぁ、、そんなかんじ。(笑)

あ、しかし、シャンプーのコンディショナーとシャンプーが一緒になってるのは、実店舗で買った方がお得であった。(シャンプーボトルがなかったので、昨日買ったよ。)
やはりネットばかりでなく実店舗で買った方がいろいろと安いものがあるのもまた、、忘れてはならないことです。
ネットでは実店舗よりも気軽に?お店が作れるから、いい加減な商品を出すこともあるだろし、、その点実店舗は、そんなことはできませんね。
どのくら本気なのかも問われるネット上のお店でもあると思う。
(あれ~そんなわけでこれは他の記事で書くことであった。)

 

まぁ・・Amazonの買い方にも、コツがあるかもですが、、ともあれ評価の高いお店で買いましょうね。「Amazonが売ります!」というのはお堅い商品であることが多いと思うけど、評価の低いお店(他のお店のリンクがわかり難いけど)で、、安いからと買ってしまうと、痛い目にあうということかなぁ。

TOP