SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

中田ジャパン決勝へは1秒の差というかんじで残念であったが、やってくれそうなチームになりそうですね。♪




長澤まさみちゃん、アンダーアーマーのイメージモデル・キャラクター。かっこいい~♪

「逃げるは恥だが役に立つ」第9話 感想

f:id:vividlemon:20161012100548j:plain

平匡(星野源)が相手の気持ちになって考えることもできなかったことでも、実家に帰ってしまったみくり(新垣結衣)であったが、傷ついたみくりに気がついたことでも平匡がお迎えにいった前回。
なことでも今回てきっり急接近するんだろうなぁ~と期待していれば、まだまだ道は長かったってかんじでもあった。まだまだ二人が悶々としてしまって、おば百合(石田ゆり子)のお話を今だとばかりに咳を切ったような描いても来た今回であったかなぁ。(笑)
結果はいい方向に行ったことでも、いいんだけどね~。

つまりそういうかんじを受けたことが強かった今回だったのだが、ほんとおばの話しが少々こってりギミに描かれていたみたい。それはそれでまぁ、、涼太(大谷亮平)と百合がいいかんじになってもきたから面白いものでもあったからいいのだけど・・。
あの両壁ドンな場面は百合の泣き顔を周りから見えないように隠す優しさ・・だったかと思うけど、思わず泣いてしまうような辛い気持ちを出せる相手・・・涼太ってことでもあったか。

ともあれ・・みくりたちの方は嫉妬やら、リストラな動きも背景に描かれてもいたのだが、自分が相手にとってどう見られているのだろうか?という価値についても、今更?とも思えてしまうようでもあった。

ともあれ「なんでも鑑定団」がやりたかったぁ~ってかんじと、家政婦は見たもやりたかったっていうのが強かったなぁ~と思う。

あの場面はどう見ても、、無くても成立するのだ。特に嫉妬するみくりな悦子市原・・。(妄想・・はかなりの好物でもあるからツボったけど)
ともあれやっと本音を言い合えることになったのはほんとよかった。

恋愛対象が雇い主の場合はどうなるのか・・再構築が必用だとか・・今更それは想定内であるよね~~と突っ込みながらも、9話にしてやっと本音が言い合えるようになったのは、ほんとかなりの飛躍であった。

TOP