Spring Star★

気ままなドラマ感想

「レンタル救世主」第7話 感想

f:id:vividlemon:20161010204201j:plain

カメオ出演って、宣伝してしまうと面白くないと思うのだが・・・わかってない方が高まることでも、なぜか番宣とかしてるのは残念。
そもそも視聴率を稼ごうと、必死なので視聴者のことなど考えていないってわけでもあるなぁ。
誰の為のカメオだかカメレオンだか知らないが困ったものでもある。
京極(唐沢寿明)と亮太(窪田正孝)の場面は「ラストコップ」を観ていることでも面白かったのだが。

それにしても今回はちょっとベタなストーリーなのに、うまく描かれてないかんじもあって、メンドクサイ展開でもあった。
今回は秦野(中村アン)の回ってかんじが強すぎたことでも、メンドクサイ展開になっていたと思うのだが、仲間の誰かが依頼人となっていた方がしっくりしていたみたい。
わざわざへんなキャラクターにしてまでも、この話に入れ込んできたといったかんじが強かった。
なんていっても、あれだよ・・助けてくれっていっていたのに、仲間を一人一人説得して回っていたという時間設定も、おかしいなものに感じられた。
レンタル救世主の事務所からいなくなるのも、副業をしていたからということだろうけど、ちょっと休みますみたいな展開にもなっておったので、なんかへんだったなぁ。
というか副業のカウンセラーのシーンっているのかなぁ~?

「病気がうつるよ」・・かぁ。
まさにあのテンションの高さは変人みたいだったから、反対に引いてしまったなぁ。
それに・・はずみで顔に怪我をしてしまった子が、何にも星子(菊地亜美)を恨んではいないというのであったら、そんな大切なことはもっと早く伝えるのが友達でもあるから、逮捕されて伝えるのもどうかと思うばかりでもあった。
あっちこっち、今回はそんなわけでチグハグな展開が多くて残根すぎたみたい。

市長のワイロを貰っていなかったのだが、辞表を提出したということに、零子(志田未来)の兄が絡んでいそうなのも、へんなものでもあった。

麗子の兄に、薫(稲葉友)にりさ子(福原遥)と明辺悠五(沢村一樹)の妻の話が、どうもバラバラにしか思えないのもチグハグ感をさらに濃くする要因ともなっておったと思う。

今回はさらに、、秦野(中村アン)だと思っていたことでも、、いろはと言われても、なんだ?ってかんじだったのだが、そんなことでも話にやっとついていく状態でもあったなぁ。それにしても、、いろはって人の名前には思えないのだ。
棒読みなかんじの中村アンさんが目立ったみたいだけど、中村さんのダメ出しが多くなってしまったみたい。(笑)

TOP