読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

「逃げるは恥だが役に立つ」第6話 感想 マムシドリンク大活躍♪

f:id:vividlemon:20161012100548j:plain

「温泉一泊旅行にまつわるエトセトラ」

武士は食わねど高楊枝、、逃げるは恥だが高楊枝・・なんだか似ている。(笑)
口調も似ていれば中身も似ている。

そもそもこのドラマを振り返ると、みくり(新垣結衣)の勝手な押し付け家事代行から始まったことでもあるけど、女子の方から家事を仕事としたいから、偽装結婚をして雇ってくれというのは、やはり男子がお願いしたいくらいのことなので、悶々とした違和感が先にあるんだよね。
なので毎回悶々としたというか、単なる違和感しかないときもあったりするわけだけど、そんな中、新婚旅行に形式的に行ってみたらどうなったか?という今回でもあった。
まぁ、そんなわけでもコントとしては面白かったし、やはり切なくもあったことでも、いろいろなエトセトラが感じられてしまって楽しめた。

悶々としてお腹が空いているのに、涼しい顔をしている二人ってことでも、まさに逃げるは恥だが高楊枝な二人のままかと思っていたら・・、帰りの電車では同じことを考えていたようで、キスまでしてしまうとは、まさに瓢箪から駒。身から出た錆。嘘から出た誠であった。スーパームーンもびっくり。(笑)(時節柄やはりチュ~は、、満月の夜って設定に出来たらしてほしかったなぁ~。視聴率ももっとうなぎのぼりになっていったはず?!)
まぁ、その方向性なのはわかっているけど、既成事実が積み重なっていって、認めるってことなのでしょう。

無機質な関係を維持していくことが難しいというか、違和感に気がつきだしてきたというかんじだけど、内容は今回はコントに終始していたみたい。
精力剤があんなに登場して活躍するとは思いもよらなかったけど、名わき役に変身していたのも可笑しい。(笑)
やっと貯まったポイントで百合(石田ゆり子)が二人にプレゼントした修善寺旅行でもあったが、マムシドリンクのことだけしか描かれてなかったようなのは、ちょっと寂しくもあったかなぁ~。(笑)
まぁ、元カレが登場したりと新垣結衣さんのセーラー服姿も出たのだが、なんかイマイチだったか。二人が楽しく旅行している姿が観れなかったのも残念でもあるなぁ。
(温泉と夕食、お弁当などはあったのだけど・・。)

おばの百合と風見(大谷亮平)が接近しているかんじもいいけど、みくりたちにちょっかいを出す住民たちが多くなってくると、どんどん違和感に気が付いてくるってわけでもあるなぁ。