SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

「ラストコップ」第6話 感想

f:id:vividlemon:20160919125518j:plain

一連の事件は教師の香澄(芦名星)とOBの洋平(清水一希)の夢を絶たれた恨みであったが、体操部が無くなってしまったとしても、単純すぎて動機としてはまったく味気ないものであった。
事件の部分がびっくりするほど陳腐でもあることでも、ドラマ的にイマイチな感じになってしまってるのだろうけど、お遊びも2話にまたいだことでも、ノリがかんじられたのもよかったし、京極(唐沢寿明)の熱血教師が観れたこともまぁ、よかったとは思う。
熱血教師といっても、パロディのようなものだったことでもいまいちなんだけどね~。(笑)
やはり2話にまたいだことでも、いつもよりも痛快さやドラマ的な切れがなかったみたい。
事件も大したことがないから、、間延びしてしまったというかんじであった。

今回目を見張ったのは、推していた山瀬(伊藤沙莉)が多く絡んでいたことであったけど、けっこう面白いキャラクターを好演していて、やはり、面白かったなぁ~。
三島(桜井日奈子)や小山内(武田玲奈)もよかったと思うけど、やはりネタドラマということでも、笑わせたもの勝ちみたいなところはあるかなぁ。
ともあれこのドラマの骨格な部分へ食い込めないのが寂しいけど、なんていっても京極をお父さん♪と呼ぶ、、結衣(佐々木希)から醸し出される雰囲気が、このドラマの持ち味といっても過言ではないので、結衣の場面がもう少ししっかり描いてほしいと思うばかりでもある。
このドラマ的にもお遊びは必用だけど、本質的な結衣の絡みなくしてドラマらしさを出せないことでも、軽んじてしまうとダメだと思う。
相変わらず京極さんには爆弾がお似合いであったが、そこだけはぶれないのが面白いけど、半分へんなもんを観てしまったという駄作感はかんじられてしまったなぁ~。

そんなわけでパロディな今回でもあったが、亮太(窪田正孝)の「この事件は美しくない・・」には、爆笑してしまった。
どんだけパロディで笑わせるかにもかかっているドラマ。
パロディってさ~不意にやるから面白いんだよね~。いっぱい出せばいいってもんでもないけど、いくつか出せば当たるというわけで、、私的に嵌ったのはココであったなぁ。(笑)
次回?レンタル救世主とのコラボも期待が高まる~。