SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

中田ジャパン決勝へは1秒の差というかんじで残念であったが、やってくれそうなチームになりそうですね。♪




長澤まさみちゃん、アンダーアーマーのイメージモデル・キャラクター。かっこいい~♪

「レンタル救世主」第5話 感想 Let it go!?

f:id:vividlemon:20161010204201j:plain

「24時間一発勝負!奇跡の依頼」
奇想天外な悩み事が舞い込んできたが、気のせいだったってことかなぁ。
近藤(賀来賢人)は熱々のおでんを平気な顔で食べてしまったけど、、気のせいって、、そんなバカなぁ。(笑)
そんなバカなことがあるのかとは思うけど、ともあれ熱々のおでんに反応したいのだ!!という間抜けで平和そうな依頼だったのに、、そうはいかんとやはり、、近藤の師匠レタス(泉谷しげる)は借金地獄でアフリカへ飛ばされる運命にあったってわけか。(笑)
師匠思いならば、、アフリカへダイヤを掘りに行かされるレタスってことでも、、そっちが問題な気もするが。
ともあれ猫舌を直してくれというソフトな依頼であった。
師匠を助けるという依頼の方がいいようにも思うが、ハード過ぎてしまって面白くないというわけなのだろう。(笑)
まぁ、あっちっち~~~とおでんを食べているのが、、季節的にもお似合いだから、これでよかった。(笑)

そんなわけでおバカな依頼が来たわけだけど、、日テレ、、どうもおバカドラマに走ることでも、、土曜9時と変わらなくなってきたので、、稲森いずみさんてどっちの家庭だったけ?とこんがらがってしまったなぁ。(笑)

そして、今回のテーマはというと、、前回が秘密を持つこととは、、であったが、今回は「あるがままでいいのだ」というような話でもあったと思う。
ともあれ悠五(沢村一樹)が悟りを開いたようだが、自分はかっこよく戦うこともできなくて弱いけれど、そんな自分のままでいいと思っているし、それが自分らしさなのだからいいのだと力説していた。
そして中身が詰まってない葵(藤井流星)君がかっこよく助けに来てくれるわけだから、葵君はそのままでいいのだと・・。
人それぞれ長所短所があるのだから、出来ることが違うわけだから今の自分でいいじゃないかっていう、悟りめいた内容でもあったなぁ。
まぁ、このへんうまく書けないのだが、まぁ、あるがままの自分を受け入れよう!ということで盛り上がったレンタル救世主たちであった。(笑)
丸く納得させてしまうということでも、、ある意味落としの悠五でもあったと思う。
零子(志田未来)のラップがしかし、心地よくもあるけど、(ちょいついて行けない早口)あの口調で論破されたら、、立ち直れないかもね。
ラップ攻撃・・とめどもなく流れ出てくることでも、句読点を打つ間も与えないから、ダメージも大きいかもしれない。またやりすぎちゃったよ~零子を止めに入る悠五であったが、懐が深いというか精神的にタフな打たれ強さを自負してもいるかなぁ。
そんなことでも個々の役割がしっかりできているわけだけど、、キャラ立ちもいいことでも、その上でのない物ねだりな悩みをどうとらえるかという今回、ストンと納得してしまった。(笑)
熱々おでんに反応したいっていうのも、気の持ちようってことでも、今回のテーマに通じてましたね。
落ちがしっかりあるようで、一貫性で落とすドラマでもあるなぁ。

しっかり落とされてしまった今回。(笑)

ありのままな今回、、Let it goでもあった。
少しも寒くないわ。

第5話「24時間一発勝負!奇跡の依頼」
24時間以内に猫舌になりたいという近藤(賀来賢人)がやって来る。15年間弟子としてついたお笑い芸人・レタス(泉谷しげる)が引退を決め、その相方として24時間後に初舞台に立つことになった近藤。だが、熱さが平気な上、熱がる演技も下手で、師匠の熱々おでんを食べるネタを面白くできないという。同情した明辺(沢村一樹)は、絶対に行くと約束した彩芽(莉帝)の授業参観が翌日に控える中、近藤のため奔走する。
Yahoo!テレビより引用)

TOP