SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

「IQ246~華麗なる事件簿~」第3話 感想 高いIQとは思えない展開

★日テレ、フジテレビのドラマのホームページで放送後一週間無料視聴できます♪

f:id:vividlemon:20161017032654j:plain

主人公の沙羅駆(織田裕二)の声って、ほんとなかなか慣れないなぁ~。
あの声に慣れそうな気配すらないのだが、どんどんひどくなるみたい。
凶悪至極なり!って、ん~馴染めそうにないなぁ。

賢正(ディーン・フジオカ)らしさが溢れる立ちまわりが観れたことは少しはよかったし、さらに毎度眠り薬で眠ってしまったりしても、とんちんかんさが絶え間ない奏子(土屋太鳳)だったり、賢丈(寺島 進)もいいかんじに絡んでいたことでも、面白さはあったとは思う。

しかし、基本は事件を解決していく様子がどう描かれるかであるので、今回ひとひねりしたとしても馴染めないというか、かなり違和感を覚える展開でもあった。
まさか賢正と沙羅駆が険悪な仲に陥って、さらに美晴(観月ありさ)の味方になったことが、美晴をひっかける嘘だったとは、まったく思わなかったなぁ~。
美晴(観月ありさ)が正当防衛で花瓶を振り下ろしたとしても、賢正が美晴の味方になって犯人の奥さんを毒殺しようとしていたのが、え?なんだこれは、賢正は善と悪すらわからなくなってしまったのか?と・・まったくへんなものを観てしまった。
まぁ、全て美晴の真相を知る為の嘘だったわけだけど・・。
物語まで陳腐になってしまったのは、がっくり。

ニートラップかと思われた美晴がトラップに引っかかっていたってな今回はなんとも陳腐極まりなかったなぁ~。
嘘だとしても賢正がだめだめ執事となってしまうのを見せられたわけだから、がっくりだ。

それにしてもトラップをしかけて解決とは、沙羅駆のIQも大したことないなぁ~。
普通だよね~。

TOP