読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」第2話 感想

2016秋ドラマ

f:id:vividlemon:20161019025303j:plain

初回はベタなドラマだと思って感想までは書けなかったのだが、意外としっかりとした構成であることでも、これはかなりいいかもと思ってしまった第2話。
原因を突き止めて、それから見えてきたまさかな落ちもよかったことでも、満足できる内容になってるようなので、期待したいドラマになってきたなぁ。

女性ばかりのメディカルチームの面々もそ~軽いキャラでもないようだし、それぞれキャラがなんだか立っているのも好感が持ててきたみたい。
中でも好みなキャラというとやはり、橘志帆(吉田羊)と田丸綾香(吉岡里帆)のお二方がいいってことになちゃうのだが、案外相武さんのキャラもいいかんじでもあったのも、けっこうポイントが高かった。
まぁ、私的には吉岡里帆さんなんだけどね~。この方の顔立ちが凛としたものがあることでも、清楚でかつ、健気な様子は好感度が半端ないなぁ~。
初回、断然目が釘づけになってしまったのは言うまでもない。(笑)

初回はなんせ土を食したりしてたから、奇を衒っているドラマだと思っちゃったし、あざといだけだと思わされたのだ。

橘が田丸を連れて振り回すのも、とても好感が持てる。
けっこう二人の掛け合いが似合っていることでも、かなり好感が持ててしまっている。
メディカルスタッフのそれぞれ役割が分担されてるのもいいし、そして、やはり高橋克典さんが渋くて和むのだよね。
そんなこんなでもう、、キャストも好み方ばかりなことでも3話が楽しみになってきたなぁ~。

カリウム不足から導き出された答えは、ドーイングであったか。