Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。

★ちょっと中田ジャパンのことがやってたわけだけど・・そこで世界バレー女子14名を予想。リベロ2人は誰でもいいけど、セッター富永、佐藤さんで、荒木、長岡は健在だろうし、あとの8人はやはり黒後、石井、新鍋、古賀、 鍋谷、奥村、岩坂、島村とほぼ決まり切ってる感があるのが困りもの?
あ、これアジア競技大会とほぼ同じメンバーだけど、古賀でなくて野本になってるけど、まぁ、世界バレーもこんなかんじなんでしょうか♪
<テレビもろくに観てなくてもほぼ予想どうり。w>

「運命に、似た恋」第4話 感想 翻弄されつつも、さらに?

f:id:vividlemon:20161015115813j:plain

「本当の嘘」

香澄(原田知世)の息子や逃げた夫のエピも絡まって、生活感溢れることでも、けっこういい感じで描かれていた4話。
それにしても、、髪飾りを服に隠した真帆(山口紗弥加)は、香澄へさらにダメージを与えたかったのだろうけど、反対にユーリ(斎藤工)と香澄の運命の出会いとやらを決定づけてしまった。

恋に落ちてから言動が乙女になっていた香澄であったことでも、ウキウキしてしまうような青春ぽさが観れたのもよかったのだが、やはり原田さんしか出せない雰囲気が基調で貴重なのだなぁ~と納得。
息子をからかうような場面(以前にもあったけど)、僕が守るとか言い換えるのも、くすぐられる。
元の夫や真帆の攻撃からダメージを受けてしまって、すっかり現実に目を向けざるおえなくなったり、元夫を見捨てることができない優し過ぎる面とか、やはり原田知世さんらしさが感じられるのもよかったなぁ~。
まぁ~原田知世ファンになっておるけど、ある程度は角川三姉妹ってことでもさ~昔は盛り上がっていたのだ。( ´∀` )

ユーリはアムロだと嘘をついてしまったことでも、ここから後悔することになるようだけど、最終回まで真相はお預けってことでしょうね・・。
香澄がともあれ乙女さが復活してきり、かんねんしたと言うのも印象深かったなぁ。
そして、ユーリの苦悩が見え隠れする顔の表情も、このドラマのポイントとなってますね。

おっぱい星人の師匠が真帆に近づくのも納得であったし、さらに師匠も人質にしてユーリを破滅に追い込もうと策略する真帆の執念も・・目が離せないなぁ。
生きるって大変でも、愛があるから大丈夫と言えそうでいえない質素な暮らしを糧としている香澄であるけど、さらに悲しいラストが待っているのか、どうなのか・・?そこはわからないままでの視聴なのだ。
しかし、寝たら核心をついてしまうはずなので、ベッドシーンはないかなぁ。どうするんだろう?

TOP