SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

中田久美さんが女子バレー監督に!!&リオ五輪眞鍋茶番の総括

★日テレ、フジテレビのドラマのホームページで放送後一週間無料視聴できます♪

バレーボール女子の日本代表を2012年ロンドン五輪銅メダルに導いた真鍋政義監督(53)が退任し、後任に元代表セッターでプレミアリーグ久光製薬を率いる中田久美氏(51)が就任する見通しであることが12日、分かった。

f:id:vividlemon:20140328155543j:plain

右が中田久美監督 (左は現在JTの吉原監督)

2020年東京五輪を視野に入れた人選で、五輪で指揮を執れば女子日本代表では初の女性監督となる。

日本協会は先日の女子強化委員会で真鍋監督の退任に伴う次期監督選びで候補を中田氏に一本化することを決めたという。25日の理事会で正式決定する。就任時期は未定。

中田氏は長く代表の中心選手を務め、1984年ロサンゼルス五輪は銅メダル。12年から久光製薬の指揮を執り、プレミアリーグを3度、全日本選手権は4度制した。

男子の代表監督は元代表エースでプレミアリーグ、堺の監督を務めた中垣内祐一氏(48)を軸に調整が進んでいるが、南部正司監督(49)が留任する可能性もある。

 とうとうやった~♪♪

リオ五輪の眞鍋監督の後任は中田久美さんに決まったようです。

今日、2016/10/13(木)はメデタイなぁ~♪

このときを首をなが~くして待っていました♪

中田東京五輪監督包囲網

今の女性女子バレー監督の流れは、中田東京五輪監督包囲網と私的に位置づけているわけだけど・・・こんなかんじ♪

Vリーグなど、今駆け巡っている女性監督~

springstar.hatenadiary.jp

久美さん率いる久光製薬スプリングスも、神戸に拠点があるということでも・・

f:id:vividlemon:20160621045101j:plain

神戸が女子バレー界の中心となり、愛を叫ぶ日が来るだろうと思っていたけど、、やはり隣の姫路に拠点を置く、誰もが知ってる竹下監督のヴィクトリーナ姫路もあることでも、同じセッター(天才的)同志ツーカーなのかと思われます。
女子バレー界にとっては、実力のある方が抜擢されているというのは、実に、4年後の東京五輪に向け羽ばたける背景が出来上がっていると思います。
選手は日本にVリーグにいるわけだから、、時間が足りなかったなどとは、、もっての他であるが、女子会並の監督の熱さからも、ツーカーに足並みがそろうだろうし、選手にとっても取り組みやすい環境が出来上がってきたということ。

中田ジャパン来た~!!ってものだけど、、中田ジャパンには、東洋の魔女復活!!を目標に東京五輪金メダルを目指してもらいたいですね♪

今の久光製薬スプリングスの動き

今、久光製薬はクラブチームとして10/18から「FIVB世界クラブ女子選手権大会2016」(10/18~10/23マニラ)がありますが、初戦の相手はトルコの強豪チームの

 

10/18 11:00  久光製薬スプリングス VS ワクフバンク イスタンブール

Match Schedule - FIVB Volleyball Women's Club World Championship 2016

これで士気もさらに高まりそうなので楽しみになってきました。

 

(10/29~ V・リーグ開幕)

Vリーグも後少しで始まるけど、今期いっぱいみたいですね、、サオリン。
木村沙織選手が引退するのはちょっと寂しいですが、有終の美を飾ってもらいたいです(^^♪。

リオ五輪の眞鍋茶番の総括~

やはりブロック、スパイクの早さを求めた結果、、高速バレーのタイミングがあわず、自滅してしまったということだけど、、木村選手も高速バレーに追いつこうと、、身をかなり酷使してしまったってことなのでしょうね。

時間もないというのも確かだろうけど、、コロコロと一年事に目標が変っていたり、選手も代わってしまったことでも、、なかなかBESTなカタチとならずにリオ五輪まで、、行ってしまったということに他ないと思います。
敗因は世界との差を縮めるために目の見えるもの(速さ)だけしか、やらなかった結果でしょうかね。そんなところだ。

総統も日本バレーを怒っています。



総統閣下は日本のバレーボールにお怒りのようです。
(全員国内のVリーグにいるのに時間がないだと~、診断メーカーみたいな反省文は大嫌いだ!!スピード競いゴッコをして自己満足。サオリンを自滅に追い込んだとエラク日本を叩いてます。)

 

全員国内のVリーグにいるのに時間がないとは、全くそのとおり。
診断メーカーみたいな反省文は大嫌いだが、まったく血が通ってない。
高速バレーでスピード競いゴッコをして自己満足。そのおかげでサオリンを自滅に追い込んでしまった。サオリンには酷であった。

高速バレーとか言っておきながら、ぜんぜん敵に効き目がなかったリオ五輪の不甲斐なさとなり、さらにガタガタしてしまい、本来のバレーすらできなくなってしまったのだってこと。

カタチに見えるものを(速さ)を身に着けるのは、今や、、勝つための特効薬かもしれないけど、泥臭いバレーも日本でもあるから、データーなどホドホドってことだ。
ともかくチームワークを大切にしたチーム作りが必要不可欠でもあったということだろうね。
ともあれツーカーってことでも女子監督の輪もできやすいだろうことでも、選手もそうなると戦いやすくなってくるから、、中田ジャパンがほんと楽しみになってきました。

いや~~これからは、ますます目が離せないなぁ~。( ´∀` )

(25日の理事会で正式決定するとのこと。)

中田久美さんは日立時代からファンであったわけだけど、往年の女子バレーの選手たちも応援してくれるだろうし、東洋の魔女復活を誰もが願っていると思うことでも、中田さんがふさわしいです。いわゆるコーチ陣にもVリーグの女子監督というのは無理っぽいけど、選手だった方がコーチとして、支えてもらいたいですね~。

やはり、女性が時代を動かすとき。

追記

2017年中田ジャパンが始動して9月グラチャンバレーが開催されてます。

FIVBワールドグランプリ2017では、ほんの少しの差で次のステージへ行けませんでしたが、短期間にかなり仕上げてきた中田ジャパンの戦いぶりに(強豪チームをフルセットの末、何度も勝利。)あっと驚かされました。
目標としているのは早いバレーでしたが、

これは、おっと!!
眞鍋ジャパンリオ五輪で高速バレーを目指していたことと同じではありませんか?!!

いったい何が違うのかが問題ですが、眞鍋さんの早いバレーとの違いについて、中田ジャパンを紹介したTV番組でもこれといって特に言及されていないようでもあります。(笑)

いたいどういうところが違うのか、それほど違わないようにも思いますが、ゴム紐をコートの上に張るという作戦を実行していることでも・・高く上げずに時間を短縮して攻撃するということは同じなのかもしれません。
早く攻撃するという意味では、同じであるといってもいいでしょうね。

そして、大きく違うことは、やはり中田監督の指導力や人柄がまず違うこと。

監督というより、母親のような視点で、選手と深く寄り添っているといったスタイルではないのかなぁ~?と観ているとそう感じます。

TOP