SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

「レンタル救世主」第1話 感想 ラップだったのか

f:id:vividlemon:20161010204201j:plain

いや~あまり似たりよったりの内容のドラマが多いことでも、
レンタル救世主は新鮮なドラマだったので、見入ってしまう内容になっていた。
ともあれ、次回も楽しみにもなったみたい。
初回だけで次も観たいと思えるってことは、けっこう面白いドラマに入るかなぁ。

どこが面白いかというと一口でいうなら、、「ユニークなドラマ」であったということでしょうね。

ポイントはいくつかあるけど、やはり葵(藤井流星)の悪をやっつける身のこなしがかっこよすぎたことが、なんともいい塩梅に味わい深かったこと。
藤井さんがこんなにカッコイイ役をやるとは思わなかった。
反対にカッコいい役なのだろうと思われた、、明辺悠五(沢村一樹)がおバカな役どころとなってるのも、なんか妙に肩が凝らないのもいいですね。
どこかの、あ、同じ日本テレビだが、土曜の二人のデカモノと比べたら、、こちらのがほっとできるし内容も詰まっていてこれこそドラマってものだと言ってしまいたくなる内容だった。(まぁ、あちらも面白味はあるとは思うけど)

零子(志田未来)演じるのは志田さんだけど、こちらも予想外の人物となっていたし、あの不細工な顔で泣く姿は、、あれ~?となったけど、、、引き込まれたことには間違いなかった。w

(あえて不細工~なところでドラマ的に突っ込みを入れてたが、あれは明辺悠五の耳を削ぎ落すのをやめると思う。いや~耳が削ぎ落されそうになるっていうのもこのドラマは迫力があるというか、、シリアスなドラマなのだが、そこが地味にいいのだなぁ。嘘がないっていうかんじなのだ。へんなコメディに疲れている身としては、、強烈で、それでいてどこか面白いという内容。)

あのオフィースもセンスがあって落ち着いているのもいいし、
とにかくスーツで仕事をするというのも、なんだか紳士っぽくていいのだ。

女性陣は志田未来、福原 遥、中村アン稲森いずみさんってことでも、なかなか可愛い人がそろっていると思う。
(稲森さんの顔がふけた?ってかんじもあったが。)
男性陣も勝地 涼、大杉 漣さんと無難に似合っている人ばかりでもあったなぁ。

そして、どこか問題を抱えている・・・明辺悠五、葵伝二郎、百地零子の三人っていうのも、しっかり描かれているのもいいし、そこらへんが見所にもなっているということですね。

目立ちたがり屋の葵。自分に自信がない零子。どこか抜けていて頼りないけど熱い明辺悠五に初回は、しっかり引きこまれた。

追記:未来ちゃんのあれ、念仏みたいだなぁ~とは思ったけど、ラップだったのね。(笑)
いつもラップを唱えていたってことなのか。自分史を語っていたようだけど、ラッパーだとか?違うか。

 

TOP