読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

「運命に、似た恋」第3話 感想 おっぱいとお酒じゃ?

f:id:vividlemon:20161008025534j:plain

「恋に落ちる」

ユーリ(斎藤工)のことを君と呼ぶことにした香澄(原田知世)であったが、とうとう二人は恋に落ちたか。

おばさんをからかってバカにしないでくれる?とか言ってたけど、ユーリにとっては僕のお姫様で運命の人だったってわけだったなぁ~。
どういう運命なのか察しがついてしまってるわけだけど、(私的に)核心をつくようなセリフがちょこちょこ出てくると、、あぁ~やはり?となった。
とにかくラストがどうなっていくかなのだが、、このドラマ、、恋っていっても、
おばさんと青年の恋だから、、ありきたりなものではないのだから、、何か理由があるに決まっていると、、香澄は思わないのかなぁ?という疑問がやはりあるのだ。

まぁ、運命ってどういうことなのか、そのへんはこれから香澄が疑問に思っていくのだろうけど、恋に落ちる前に気になると思うことでも恋には落ちてないはずでもあるなぁ。
恋に落ちたら運命の人だとつい思いたいけど、、そういう普通の言葉と捉えるか否かってところだが、やはり、脚本的にメンドクサイと思うところでもあった。

3話はセレブな不倫相手の真帆(山口紗弥加)の嫉妬と、息子のストカーぽい変人さんぐらいのエピと、ちょいエロ親父となってる師匠ぐらいでもあったが、とくにそういうわけで、これといって魅了されるとまではいたらなかったみたい。

まだ3話かぁ~。だらだらとそれぞれのエピを織り交ぜながら、ユーリとの関係も前進するのだろうけど、魅了されるのかどうちょっと、これまでの流からすると困惑気味。
ちょっと(私的に)暗雲が立ち込めてきた。

しかし、、海に沈むユーリらしい人影やら、手を差し出す番組のラストの映像が気になるけど、そこへ運命の出会いは向かっているのかと思うと、、まだまだ、観たいと思うのだ。
そこがなかったら、手探り状態で綴っているDRAMAでもあることでも、、迷うDRAMAになってることは間違いない。
師匠のデザイナーとしての能力が落ちようが知ったことではないし、息子エピもしったことではないのだ、、今のところは。

名物となってる大きな打ち上げ花火を観に来た・・観客のようなものかなぁ。生活感とか生活臭がしなくて物足りないし、中途半端なおばさん像になってしまってるのも、、真帆にとってはイジメがいと嫉妬しがいもないかも。

でも、、おっぱいに逃げていた師匠であることが判明したけど、お酒にも逃げてる師匠でもあった。w やはり、奇を衒ってるかんじはするのだが、いわゆる酒と女ってことですな。w
王道の恋愛DRAMAとは違ってるからどうなのかなぁ~?これやはりネタドラマとなってるから、小ネタに期待しようかなぁ。(笑)
見所は奇を衒う脚本と、小ネタでよかろう。w