SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

「運命に、似た恋」第1話 感想 フケてます?

f:id:vividlemon:20160928004807j:plain

 禁じられた遊び

2016年秋ドラマが、早、始まったわけだけど、Yahoo!の秋ドラマにこれ載ってないのね~。なんでだろう・・。(おやおや、やっと気がついて焦って載せたよ、やっぱし。笑)(毎度忘れてるみたいだが。)(それにしても土曜日NHKのドラマが多くて大変だよ。)

(もう一度ドラマを見たら、海で出会った少年は「俺アムロ・・」って名のってました。アムロとユーリは別人。以下勘違いのままの感想です。)

ありゃりゃ・・さらにアムロガンダムアムロってことで、あだ名であった。
そんなに厳密なドラマだと思わなかったことでも、早とちりしっぱなしです。(笑)

(以下書き直してないままです。)

ともあれこのドラマ、視聴決定ってかんじであった。

母を亡くした少女の香澄と、ちょっと年下の少年の勇凛(ユーリ)との出会いと別れが、このドラマの原点になっているわけだけど、なんとも色鮮やかな子どもの頃の映像は、自然の美しさもあってやけに濃くって、とても印象深かった。

鮮やかな海辺で出会った少年は、香澄にとってはまだ小っちゃい子供なのだが、やけに輝いていて、タメ口で接するというのは、やはり少年の初恋だったのかなぁ~というかんじ。
別れの駅での場面で少年が器用に掘った貝を手渡したけど、香澄のも何か欲しいと、髪につけてあった母の形見の髪飾りを、、欲しいと言ったとき、、何かぐっぐっと来るものがあったのだが、やはり、好きだったらあれは欲しくなると思うのだよね~。
そんな妙にしっかりしているというか、ちょい意気な少年なのだけど、自然な色気もちょっと備わっていて妙な魅力があった。
そんなことでも、かなりこの少年の役をした子がよかったなぁ。
(HPに名前が見当たらない。)(子役を見つけるのがNHK秀でいるみたい。)

そんな少年が大人になったのが、勇凛(斎藤工)であるってわけだが・・勇凛役が斎藤さんというのもよく似合っていたなぁ~。
(かなり工さんへの抵抗感がまた消えたみたい・・。笑)

健気な少女でもあったようだけど、オトナになった香澄を演じている原田知世さんってことでも、やはり雰囲気がぴったりあってると思うものの・・ちょっとフケてきてるかんじが合わないかも、、とちらっとかんじてしまったみたい。

ともあれ香澄がしっかりそんな昔のことを良い思い出として覚えていたことでも、やはり二人の出会いがこのドラマのベースになってるわけだけど、純粋、素朴なままな二人の物語が始まるのかと思えるのも心地よくもあった。
大人になった二人は、あまりにも対照的でもあったけど、天性の才能から成功している勇凛と、一人息子と仲睦まじく暮らすも、ダメ亭主とは離婚していて、なかなか縁が切れないままでいる香澄とは、どこか似ている状況としても、二人の経済的、社会的な面が大きくなってしまったのが、気になるところでもあった。
ドラマ的に二人が結ばれる方へ向かうのだろうけど・・・状況が状況なだけにすんなりといかなそ~うでも、結ばれるっちゅ~うストーリーなのであろうなぁ~多分。

相変わらず大人の勇凛に色気が感じられたのだが、ちょっと香澄の方がふけてしまったかんじは寂しいようでもあったのだ・・。
真帆(山口紗弥加)との対立も、、儚さを増すばかりだし、ちょっと切ない話しになってもいたから、色気たっぷりな対照的な勇凛によって、香澄が変っていくのであろうか?ということも期待しつつ・・・観ていきたいと思った。

ほんと勇凛はほとんど少年の頃の輝きがそのままだったことでも、香澄との差が気になったのだけど、色気があまりない女優さんの方がよかったのかなぁ~というかんじもしてしまった。(笑)
もうちょっと、清楚だとしても、香澄役に合う人はけっこういると思うんだけど・・。

ドラマ10に多く起用されるのも、、少々あれっ?てかんじもするのだが・・あんまり他の女優さんを抜擢しないっちゅ~~のも、、ドラマへの魅力が半減してしまってるかもしれないなぁ~。(知世さんはどっちかというと好きな女優さんなのだけど、このドラマに合わないような気もするのだ。)

ともあれ大人になった二人の再会が、どうなっていくのか楽しみになってしまったみたい。

 f:id:vividlemon:20160924075307j:plain

 「運命に、似た恋」(連続8回)

その少女は幼い日、ひとりの少年と再会の誓いを立てた。
45歳になった彼女は、バツイチの母親。
生きるために、ただ精一杯働く日々だった―原田知世×斎藤工で贈る、大人の純愛物語。

【作】北川悦吏子
【音楽】Youki Yamamoto
【主題歌】Cocco「樹海の糸」 【デザイナー考証】佐藤オオキ

NHK総合:2016年9月23日(金)よる10時10分
※第2回以降はよる10時からとなります。
(再放送)総合:2016年9月27日(火)午後3時10分

第1回「禁じられた遊び

カスミ(原田知世)は離婚歴があり、高校生の息子・ツグミ西山潤)と二人暮らし。
富裕層向けの配達クリーニング店で懸命に働き、何とか生計を立てていた。
ある日カスミは配達先で、ユーリ(斎藤工)というデザイナーの男に出会う。
カフェの内装や家具、小物などあらゆるデザインに挑戦し、若手No.1と目される存在。
彼はなぜかカスミに馴れ馴れしく、ちょっかいをかけてくる。
パーティーにも誘われ、警戒するカスミは断るが…。

運命に、似た恋 | NHK ドラマ10より引用)

数十年後の再会は香澄がやはり、魅力的でないのは違和感。

知世さんは透明感があって少しはこの役に似合ってると思うものの、ちょっと生活にくたびれた人になっていたことでも・・その後の香澄をどう勇凛が感じたのかという疑問も残ってしまうと思う。
やはりそんなにすんなりとは、昔の子供の頃の気持ちなれないと思うのに・・酔っぱらってベッドからあの髪飾りを見つめる目は、まだ好き目線であったから、違和感であったなぁ。

その違和感を感じさせないくらいの魅力ある香澄であったら、何も問題もないのだが・・。
それとも恋しいと思った子供の頃の記憶が、強すぎて恋に恋しちゃってるのかもしれないのだが、、大切な物を貰ったというあの髪飾りが残ってることでも、、物に恋しい気持ちが染み込んでいて、離れられなくなってしまっているってことも考えられるかなぁ・・。
とにかく何十年経っても色あせない魅力が香澄にないと、好きという気持が成立しないと思うのだが、勇凛は昔の香澄に恋している(過去の物を見つめた日々があったろうことでも)ということかもね。
ちょっと難しくてあまりない設定になってると思うのだが、この辺・・・。
アプローチが遊んでいる風だったことでも、だんだん今の香澄を受け入れていくというか、懐かしがっている過程ではあるかなぁ。(ココ微妙な問題があるはず。)

ということで流し読みしていたら、、あら!この作品の本が出てますね。(原作とあえて書いてないのだよね~。)

運命に、似た恋 (文春文庫)

運命に、似た恋 (文春文庫)

 

 
訂正、アムロって喋っていた少年でした。(追記2016-9-27)

メンドクサイドラマだ。

香澄が子供の頃に出会った少年、、もう一度見直したら、、

「俺、アムロって喋ってました。

そうすると今回の感想は初めから、、ユーリ(斎藤工)=アムロと勘違いして書いてるので、、そもそも間違ってしまったということになります。(そもそも名前を漢字でかいたり、カタカナで書いたり、、そもそもメンドクサイ!!)
そもそも、、メンドクサイカラクリがあるドラマだとはわからなかったというか、、そこがこのドラマの肝となる部分なのだろうけど、、HPのキャスト欄にしっかり書いておけば、、間違えることもなかった。

なんでドラマ上でしっかり、俺、アムロって言ってるのに、HPに書いてないのかなぁ?(1話放送した後から、付け足すってことですか)

なので、ちょっとした違和感をこのドラマにかんじざるおえんってことです。

ほんとメンドクサイ。

まぁ、このドラマの魅力が半減したわけでもないので、期待しているドラマなのですが。
髪飾りをユーリが持っていたということは、知り合い、兄弟ってかんじが濃厚になってますね。(そもそも原作本がある)

俺、アムロと言ってたので、、ネタバレでもなんでもない事実なのだ。
そこんところを見逃すと、、大分勘違いした感想になってしまうということなので、、あざとさも感じてしまう。HPにアムロの名前がないのもあざとい。

こういうことをされると、、あんまり好きにもなれなくなるかなぁ?

 現実主義ドラマ,鬼ドラマ,爆弾ドラマ,あざといドラマ(カテゴリーを追加したいものでもあるが制限がある)的であるが・・・
ユーリはアムロのことは黙っていて、今のところは香澄に近づくんでしょうかね。?
違うんだ・・「実は爆弾」が最終回に爆発するっちゅ~~わけかなぁ。
当分子供の頃に出会ったアムロだと、、信じている香澄を観ることになるのであろうか?
ともあれそのへんのキュンキュンさも面白そうでもあるので、このドラマはほぼ決定なんだけどね~。
しかし、、コレやけに切ないドラマになりそ~。
昔出会った少年が鮮烈だっただけに・・。

 

ありゃりゃ~~アムロがあだ名であることも、早とちりして長々と書いてます。いまとなってはグダグダな感想になってしまった。( ´∀` )

もう、、ちょっとその後で、、「俺はアムロ、、皆そう呼ぶ。。だって勇者・・」とかまで、、観なくて、アムロだけチェックしてしまったのがミスだったのだ。(笑)

まぁ、ここがドラマの味噌なわけだけどね~。まさかこんなところを、、秘密にしなくても、、いいと思うくらいだけど。仕方ないか。

いやいやいやいや~~一話でこんなにつまづくなんて・・。(;^_^A

TOP