SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

家売るオンナ 第9話(感想)

今回も面白かったけど、そこそこ面白かったといったかんじかなぁ?
ともあれ冒頭の美加(イモトアヤコ)の自分でゴーも可笑しかったけど、
よくわからないものに解き放たれてから、なぜかヤル気になってきてるのもなんだろうか?として、、まぁ、あのドアップ顔にはなんとなく面白い味を出してはいると思う。
しかし、今回べらべらべらべらと三軒家(北川景子)チーフのことをあれこれ喋り過ぎていたから、ハラハラさせられっぱなしでもあった。とにかくそっちの件は問題もなく、屋代(仲村トオル)の活躍となったわけだけど、なんとなく相手は記者ってことらしいことでも、、しっくりしなかったなぁ~。
背景に「掴んだネタは絶対逃すな・・」みたいなことが書いてあったから・・ん!!と観ている方はスッキリと納まる話なのか??と思う方が強かった。
それにしても仕事もしないは油は売るは、まったくしょうがない馬鹿もん美加でもある。
いつか大怪我するまで気がつかんタイプ。

そんなことでも今回、三つ巴な展開となるとは予想外でもあったけど、丸く収める三軒家はあっぱれであった。
いつものように、つつがなく丸く収めることができたのも、まぁ上手すぎるとは思うのだが、嘘っぽくてもなんでも、一応なんとなく満足できる展開であった。

雨宮家の父親夫婦と息子夫婦はうまくいってなかったようだけど、つまり姑と嫁の問題を姉、そして姉カップルが絡むちょっと複雑な案件を三軒家(北川景子)がそれなりに解決したのは、観ていて気持ちのいいものとなっていたみたい。
どこか嘘っぽいとしても、納得できるものにしてくるのがこのドラマのうまいところでもある。関心関心。(笑)

雨宮の父と息子は妻の智代(鷲尾真知子)と嫁の礼(MEGUMI)のいいなりであることと、本当は家を買う気もなかったわけだけど、そんなことでも親夫婦と息子夫婦は似た者夫婦であり、わかりあえるということを指摘するサンチ―に、惚れ惚れ。(笑)目の付け所が違う。
同じ敵を作ることで仲間意識も高めたり、心理戦ともいえるサンチ―の手腕のすごさを垣間見る案件でもあった。心理を巧みに利用しているのは、そこそこ役にたちそうでもあるなぁ~。(笑)

それにしても、、、今回もしっかりサンチ―の手下というか部下というか、飼いならされたような庭野(工藤阿須加)も面白かったなぁ~。好きでもあるから反対できないとして、、さらに一目三軒家には置いていると思うけど、そんな愛くるしさもかんじられるのもよかった。そして、我が道を突っ走り、サンチ―と対立をしていた足立(千葉雄大)も、うまく絡んできたことでも、ドラマの厚みを増してきたといったかんじもよかったなぁ~。ほとんどキャラが面白くなってるのだが、屋代(仲村トオル)もなかなか味わい深いキャラクターとなってるのもツボる。

TOP