SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記


芦田師匠~~(^^♪

家売るオンナ 第8話(感想)意外と篠田麻里子の演技がいい。

f:id:vividlemon:20160728035716j:plain

篠田麻里子が意外であった。
(好みの問題もあるけど・・。)
いつの間にというか、かなり演技力が増していてなんだか良かった~。
ブレない演技であったことでも、すっかりなんだか見慮されてしまった。
そして、三軒家チーフも(サンチ―)かなり今回は光っていたことでも、鬼金な8話ってなものだった。(笑)

それにしても、、サンチ―について行きたくなってしまったのだが、屋代(仲村トオル)や庭野(工藤阿須加)が三軒家(北川景子)によって頑張れそ~と思ってしまうのと同じく、サンチ―を観ているだけど、ス~と弱気な感情が消えていくというか、やる気にさせられるというかんじなのだ。
そして、さらにくすんだ心の色々なもんが、浄化されるような気もするのだよね・・。
一点の曇りもなく前に進んでいくあの三軒家であるけど、一見独特なスタイルなのだが、なんだか洗礼されたスタイルにみえてしまうのだなぁ~。
言いたいことをいったら、さっさと帰りますという「ちちんぷいぷい」のサンチ―。

鉄の女、サンチ―。されどどこか女らしさもしっかりあるサンチ―には、今回はさらに惚れ惚れ。
篠田麻里子に魅了され、北川景子さん惚れ惚れしてしまったことでも何もいうことがない。

家を売る為に、お客さまの事情までに踏み込むのも、どうかとは思うものの、そこまでやるから面白いドラマとなってるってことですね~。
家を買う人の人生をもプロディースしてしまう三軒家には、ほんと惚れ惚れしてしまった。
嘘と誠の境目をうま~く料理しているドラマってことでも、かなりのドラマになってますね。
現実はそうはうまくはいかないだろうけど、この世界感に嵌っていたいと思わせるものがあるのだ。

依存している夫婦と仲の良い友だちも長く住めば家族となっていくってことですね。

TOP