SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

せいせいするほど、愛してる 第2話(感想)

何はともあれ一話をしっかり観てなかったことでも、裏ドラマの方をリアルタイムで視聴したのだが、やはり、ど~~~も受け付けなかった。(笑)
扱う事件が異質すぎることでも、拒否してしまうことでも、興味がわかないのだ。
というわけで、せいせいするほど、、の方であるけど、これも1話で感じたのと同じく、軽い内容であったなぁ。炎天下に置いてあったビールを飲んでいるのと同じ。(なんだこれは・・・?である。)または、かが抜けたコーラーを飲んでいるようなものだ。(笑)

前回が録画機の突然の故障で、、あたふたしていたことでも、しっかり観てなかったわけなのだが、じっくり観た2話はやはり軽くてしょぼかった。
感想まで「せいせいする・・」の方も書けないけど、ちょっとふれるとすると、ん~~~ほんと困るのだが、面白い要素はあるといえばあるにせよ、、つまり、

お子ちゃまな仕事ぶりでも解雇されず、、さらに、お子ちゃま脳なためか、、愛人関係も恋のうちとわけがわからなくなっているお子ちゃまドラマと理解してもぜんぜん大丈夫であると思う。

恋は盲目として、コミカルに暴挙にでるというならまだ、おもしろそ~でもあるが、なぜか面白要素があまりにもないのだなぁ~。

どこのおぼちゃまとお子ちゃまだかしらんが、たかそ~なクルーザーなんぞを東京湾に浮かべると言う・・・100年は早くね~ってくらい、お子ちゃまドラマぶりは何も言えませんね。お子ちゃまの戯れにも困ったものだというか、指輪を隠して、ビンの蓋を投げたりと、じゃれ合っているというお子ちゃまぶり状態・・。
どこの世界の話なのかと・・昭和?バルブもなにも関係ないといわんばかりのありさまでもあって、、何も言えないのだ。(笑)

そんなお子ちゃまたちのお店が・・・とは、開いた口が塞がらない。

まぁ、、このへんで感想はやめとこ・・・。

 

ついでに裏ドラマの波瑠ちゃんの方にもふれると・・・なんだろうなぁ~。

犯人の顔が観たいということだったけど、本性を露わにした顔が観たいというのは、わからなくもないが、いや~そこがどうもこのドラマの決め台詞となってるのも、おかしいのだよね。
喜々となる主人公波瑠ちゃんであったら、え?となるのだが、それほどのリアクションもないことでも、心理が読み取れないのだなぁ。何をしたいのかがよくわからない。

今頃、心理の専門家が、興味深い人間だと言っていたけど、いや、、あちら側の人間なのかとしても、、どう興味深いのかもよくわからなかった。