SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

遺産相続弁護士 柿崎真一 第1話(感想)

このキャストであればもっとハードな内容になってもおかしくないけど、演出もほどよくお遊びが入っていて、ちょうどいいバランスであった。
ともあれ一日が終わってホッとできるドラマに・・、HP上に三上博史さんが書かれているような、そんな内容にしっかりなってましたね。
そんなことでも思っていたような内容になっているのがよかった。
遺産相続弁護士の柿崎真一(三上博史)、弁護士見習いの丸井華(森川葵)。
歯科開業医の水谷美樹(酒井若菜)と闇金社長の河原井正(豊原功補)のそれぞれすべて好みな方なのだが、この4人を描く上でも、それぞれの良さをうまく引き出していて、申し分のないドラマになっていた。

三上さんについては、シリアスなものが多かったのだけど、ダメっぷりが今回の役どころということでも、そこが見所になりそうだし、森川さんはちゃっかり女狐ぽい魅力も出ていたのがよかった。
最後にハゲタカな闇金社長の河原井正(豊原功補)が、報酬を持ってってしまうのも、そこが味噌ってかんじでいいですね。
いつも金策に追われていそうな遺産相続弁護士の柿崎(三上博史)のヨレヨレ感が渋い。(笑)
そして歯科医の水谷美樹を演じる酒井若菜さんも、ハッ!っとするような妖艶さってことでも、もう申し分ないドラマになってました。

内容については上手すぎだろ~てな展開であるが・・・
クラブ『泥棒猫』の立花淳子を演じる奥菜恵さんであったり、娘役の倫子が紫吹淳さんということでも見応えがあったのだが、遺産相続を放棄して入歯の入ってた箱だけを貰ったというのが味噌ってことか。
貸金庫の鍵が入ってなかったとしても、淳子には誠の愛があればよかったわけだけど、
そうなると柿崎の報酬も何もなくなるから、まぁ、あった方がよかったというお話でもあったなぁ~。

利息として6千万ほぼまるまる持って行く河原井にも驚いたけど、ちゃっかり、裏で倫子からもせしめてた丸井の小切手7千万?も、持っていくっちゅう~のも目ざといというか、漫画チックなかんじも好みでもあった。

渋さとヨレヨレ感と女狐と白衣ということでも色々な味わい深いドラマになっていて、この時間帯としては贅沢な作りになっていると思うばかりだ。

 

酒井さんっていうと最近ちょっと前歯だったか、演技の為に抜かれたみたいだけど、綺麗にそろってましたね~。

そして今回の役が開業歯科医というのも面白いところであったのだが、なんとかという技法を使うとあのように前歯もそろうということなのだろうか?
とにかく役者をかんじる面々な4人の方でもあることでも、これから期待できそうであった。この枠で扱うドラマにしてはほんと満足感が高い。

どうしようもないオトナたちの悪アガキってところだけど、根底にあるのは本物の演技なので安いゲストは火傷するよってかんじでもあるなぁ。

安っぽいものになるかならないかはゲスト次第かもしれない。

柿崎(三上博史)と淳子の、演歌を歌いながらの見つめ合うシーンなんて痺れた。

オトナの魅力と女狐のおかしな珍道中といったかんじもいい。
とまあれ魅力が溢れていたなぁ。www.ytv.co.jp