Spring Star★

気ままなドラマ感想

水族館ガール 第2話(感想)

「調餌千本ノック!」

ちょっと、イマイチ盛り上がらないベタな展開になってきたことでも、つまらなくなってきたかなぁ~。
つまらなくなってきた要因はハッキリしているのだが、ずばり主人公の松岡茉優さんの魅力が少々なくなってきたことと、ベタベタすぎるストーリー展開であるということ。
厳しい顔をしている良平(桐谷健太)には、やはりワケアリな過去があったというのもベタであるし、笛がなくなったと大騒ぎしたのに、意外なところから出てくるのも、よくある間違いであったか。

最終回にはC1が幻のジャンプを決めて、水族館も安泰となることは目に見えているのだが、経営不振に陥っている水族館を立て直すストーリーだけでもよかった。
どうも本社が絡んで、工作してくるとか、デコボコ展開になってしまってるのだなぁ~。
本社が絡まない方がスッキリ見えて夏らしくていいのだけど、あれこれ絡んでくるのがどうしても、描くものがないとしか思えないから、どうもデコボコしてるとしか思ないのだ。

やはりいつも不機嫌そうな浦島太郎がおることも、痛い点でもあるが、とっつき難い点となっているけど、主人公がドジで間抜けっていうのも、マジでそう思えてしまうので、、キャスティングミスともとれてしまうのだなぁ。
そこの問題はどうしてもテレ東の某深夜ドラマがいけないと睨んでいるけど・・松岡さんが変わってしっまったのではないか?(笑)と、松岡さんにはかんじたりもするのだ。

そんなことでも今回の主人公には、あまり引き付けられなくなってきた・・。

まぁ~司会を務める由香(松岡茉優)がイルカショーで楽しそうでもあったことでも、まだまだ見守ってしまうのだけどね~。(笑)
そして、良平(桐谷健太)がちょっと誰かのせいもあって、進歩して、ニコッやかなかんじになってきたことでも、次回もついつい期待してしまうのだけど・・。
やはり笑顔で笑ている桐谷さんの方が断然、魅力的でいいですね~。

早くそちらの話になってくれないと困りますね。
主人公の母親と父親が絡んでいたのだが、家族物ドラマにもしてくるとしても、今のところそんなかんじもあまりしないかなぁ。

TOP