読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

ヴィクトリーナ姫路 私的に観たいドリームチームのメンバー

女子バレー

WGPイタリア戦(13日AM0:35)の前にちょっと私的なドリームチームメンバーを考えてみた。(笑)

私的に観たいドリームチーム

f:id:vividlemon:20160608065543j:plain

監督:竹下佳江 

★コーチ兼マネージャー:眞鍋政義兵庫県姫路市生れでもある。w)

 

S:佐藤美弥・まぁ~狩野舞子・藤田?
L:佐野優子(1人いれば大丈夫)

MB:井上香織杉山祥子大友愛

WS:大山加奈(笑)・木村沙織高田ありさ(?)

 

(第1マネージャー:大林素子)

*ちょっと体力が落ちても、第一線で戦っていた凄い選手ばかりでもあるので、、まさにばっかしなので、、そこらへんのチーム、プレミアリーグなんてケッ!ってなもんなのだ。

 私的には今活躍してる田代をセッターに迎え入れたいところであるが・・。(笑)

さらにキム・ヨンギョンなんても呼びたいのだが・・・。(プレミア入りまでが長いので、そのうちでもいいとしても、キムが入ったら優勝は確実でもある。)

まぁ、眞鍋さんを五輪が終わった後で、コーチになってもらうと何かと便利ですね。(笑)
というかいまやタレント的にもかなりの人気?者だと思うので、選手たちにダメ出しされるコーチとか、ごちゃごちゃ抜かすとぶん殴るぞ~という竹下さんが観たいのだ。

コーチをぶん殴れる権利があるのは竹下さんだけ。(笑)

他の人がぶん殴ったら・・・まじで怖すぎる。(爆)

とくに大友さんはダメだけど、大山は意外とこわそ~だし、木村が怒ったら、、けっこう怖い気もする。(笑)なので優しい竹下さんでないとダメなのである。(笑)

このぐらいやってくれないと、集客力がないというか、元監督がいると何かと都合がよいし、選手想いだったね~と人気も上がるという思わぬ相乗効果も期待できるので、是非コーチに抜擢してもいいかもしれないなぁ・・。(一考の価値ありです。)

これからは女性監督がまた新たに誕生したことでも、(トヨタ車体クインシーズ監督:多治見麻子)コーチとして生きる道を模索していくのは必然的でもあると思う。

 

Vリーグの女性監督~

今のところこんなかんじですかね。

これって、中田東京五輪監督包囲網というかんじだけど、違うのかなぁ?

HPを見ると久光製薬は神戸でも練習をしているらしいので、おやまぁ~ってかんじになってきたけど、ちょっと地図にしてみた。

f:id:vividlemon:20160621045101j:plain

(女子バレーボール界勢力図)

地図を参照しても女子バレーは西日本からとなりそうな勢いであるよね~~。
ともあれ会議を開くからと多治見を呼びよせ、神戸あたりで作戦会議ってなこともあっても不思議ではないのだ。(笑)
あの選手は是非うちが欲しいなぁ~とかね。
馬鹿もん!お前にまかせられるか!~~とか。目に浮かぶ・・。(笑)
あ、会議の暗黙の了解事として神戸牛はお約束でもあるのだ。(爆)

 合同練習なんても年に一度はあるだろうけど、それよりも西日本限定リーグってものも新たに発足されてもおかしくないかもしれない。
もう、何か始まってるようだし・・。

近頃、選手の脱退と移籍が多い。
やはりチャレンジリーグプレミアリーグを入れ替わってしまったことも、大きい影響があるってことも考えられますね。
ママ軍団という位置づけもできそうな「ヴィクトリーナ姫路」だと思うので、もしかしたら荒木選手もこちらに来るかもしれませんね。

働きながらも育児も大切にしていけそうだし、荒木選手にとっても一番いい環境でもあるのだ。とてもいい環境を選びたいだろうけど・・・さて?どうでしょうか。

 

ともあれ出産した後でも、一流選手がまたバレーで活躍できる環境が出来てきたと言うことになるので、「ヴィクトリーナ姫路」は目が離せないですね。
現役の選手と引退後の選手の比率はどうなってるかわからないとしても、まだまだ現役の選手ばかりであるだろうから、そこいらのプレミアリーグなんてチョロイ!ということがすぐ証明されると思いますね。
結婚したら現役を引退するしか選択肢があまりなかったことでも、活躍する幅ができたことは嬉しいことであるし、勝てるドリームチームというのはほんと、観たいと思っていたものが観れるわけだから、とてもすばらしくて、ほんといいところに目をつけましたね。

現役の頃よりPOWERが少し落ちたとしても、メンバーチェンジをうまく使い、1セットを何回か交代で受け持つ体制でしのげばいいのだってことですね。(笑)
常に日本代表といってもいいくらいのチームであるからVプレミアリーグなんて、チョロくて相手にならないかもしれない・・。

ハイブリッドとかどうなってるのか知らんが、、まさにこれこそバレー界の革命的な出来事でもあるってことです。
こんな一流の選手軍団の中では、またいい選手が育つということでも、全日本に還元されて益々バレー界が発展するという起爆剤になりうるということですね。

そんなことでも早く竹下ドリームチームが観たいですね。

かたわらには眞鍋さん・・っていうのもツボる。(笑)

あ、そうそう今の女性監督が増えたことは、中田久美さんが一番喜んでいると思います。女子バレーボール界勢力図を見ても、これだけで頑張ってきた甲斐があるというもの。

そんなことでも東京五輪女子バレー監督は中田さんで行ってもオカシクナイと思いますね。よくわからないのだが、不思議なことに眞鍋さんも久光製薬の監督をやっておられましたね。

ともあれリオ五輪で金メダルとなってほしいけど、長岡選手と石井選手、リベロの座安選手の大活躍を願うばかりでもあるのだ。

リベロ座安選手の起用はかなり高いとすると、長岡選手はもちろん、石井選手もセットっていうとへんだけど、起用される可能性は高いかもしれない。
どうもレシーバーを入れてレセプションを確かなものにするというのは、必然であると思うので、佐藤選手、座安選手・・かなぁ~。二人入ればWSとMB枠が減るのだが、熾烈な戦いというよりも総合力なもので起用ということでしょうかね。スパイク力は同じレベルであるように思うことでも・・・、レシーブ力とサーブ力、そしてコンビの良さというのも大事になってくるってことは容易に理解できることでもあると思う。

ちょっとWGPを見て気が付いたことは、ジャンプしないで撃つのが意外と目立たない攻撃となってる気もするのだが、あれは地味ながらも有効だと思うなぁ~。